無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


タリバン幹部「女性が学校に行けるかどうかを決めるのはイスラム法学者」

大統領官邸の前で権利保護を求めてプラカードを掲げるアフガニスタンの女性。

大統領官邸の前で権利保護を求めてプラカードを掲げるアフガニスタンの女性。

Sayed Khodaiberdi Sadat/Anadolu Agency via Getty Images

  • タリバンの指導者は、アフガニスタンの女性が働いたり、学校に行ったりできるかどうかは、イスラム学者が決めることになると語った。
  • 彼は「女子が学校に行くことが許されるかどうかは、我々のウラマー(イスラム法学者)が決める」とロイターに語った。
  • アフガニスタンの女性たちは、タリバンが自分たちの権利を奪うのではないかという不安を抱いている。

タリバンの指導者は、アフガニスタンの女性が仕事や学校に行けるかどうかは、イスラム法学者が決定すると述べた。この発言は、新体制での女性の活躍を約束した報道官の発言と矛盾しているように見える。

タリバン幹部のワヒドラ・ハシミ(Waheedullah Hashimi)はロイターに対し、「我々のウラマー(イスラム法学者)が、少女が学校に行くことを許可するかどうかを決めるだろう」と述べた。

「彼女たちがヒジャブやブルカを着るのか、あるいはベールとアバヤなのかを決める。それは彼ら次第だ」

アフガニスタンの女性は皆、国の大部分を占領したタリバンが1996年から2001年までの間に行っていたイスラム法の厳格な適用を復活させるのではないかという不安を抱いている

その間、女性は学校に行くことや働くことが許されず、ブルカの着用が法律で義務付けられていた。当時のアメリカ国務省の報告書によると、これらの規則を破った女性は殴打や石打ちによる死刑で罰せられていたという。

8月18日のハシミの発言は、今週初めにタリバンのスポークスマンであるザビフラ・ムジャヒド(Zabihullah Mujahid)による、女性が「社会で活躍すべきだ」という発言と矛盾しているように見える。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular