無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【佐藤優】自民党が勝ち続ける理由、選挙の仕組み…小学校の教科書と「裏の知識」で日本政治は理解できる

佐藤優 日本政治

イラスト:iziz

シマオ:皆さん、こんにちは! 「佐藤優のお悩み哲学相談」のお時間がやってまいりました。さっそくお便りを読んでいきましょう。

菅義偉首相が解散総選挙の時期について言及している記事をネットニュースで見かけました。お恥ずかしい限りですが、正直、衆議院の解散や総選挙について、「中学時代に公民でやったなぁ……」とは思いつつ、検索してもよく分からず、小学生向けのサイトなどを見ないといけないような有様です。

小選挙区選挙や比例代表選挙など、何となく分かった気にはなるのですが、どこか表面的な理解にとどまってしまうと言いますか……。どうしてそういった制度になっていったのかとか、なぜこれだけ批判されても自民党が勝ち続けているのかとか。

私のような政治初心者が、日本の政治を理解するためには、どういった本でステップを踏んで理解していけばいいのでしょうか。

(アロエさん、30代前半、男性)

政治を学ぶには、小学校の教科書で十分

シマオ:アロエさん、お便りありがとうございます。いやぁ、分かります……。正直言って僕も、政治の話っていまいち理解できないなと思うことが多々あります。

佐藤さん:どういうところが分からないんですか?

シマオ:内閣と与党の違いとか、民主党が立憲民主党と国民民主党に分かれましたけど、どういう違いがあるのかとか……。アロエさんと同じく、中学の公民から勉強し直さないといけないレベルです。

佐藤さん:アロエさんは小学生向けのサイトを見ていると書かれていますが、実はその方法で間違っていないと思いますよ。

シマオ:え、小学生レベルでもいいんですか!?

佐藤さん:ええ。実際、私はジャーナリストで政治家の井戸まさえさんと共著で『小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける』という書籍を出版しています。

シマオ:でも佐藤さん、小学校の教科書では、ちょっと簡単すぎませんか?

佐藤さん:決してそんなことはありません。例えば、高校の政治経済の教科書は、実際は高度な内容の説明を省いているだけなんです。ちゃんと理解するには、それなりの解説が必要になります。その点、小学校6年の社会の教科書は、短いページ数の中に要点が詰まっていて、全体像が見えやすいという利点があります。

シマオ:なるほど。でも、読むこと自体が少し恥ずかしい気も……。

佐藤さん:シマオくん、何度も言っているように、恥ずかしさやプライドは、知識を身につけることにおいて最も邪魔になるものですよ。

シマオ:耳が痛いです……。

佐藤さん:以前、ビジネスパーソンが身につけるべき知識として「ニュース時事能力検定」を紹介したことがありましたね。

シマオ:はい。たしか、2級を取ることができれば、毎日新聞の入社試験で一般教養が免除になるレベルということでした。

佐藤さん:実は「ニュース時事能力検定」は5級、すなわち小学校社会科レベルからありますので、そこから勉強を始めて徐々にステップアップしていくのもよいでしょう。

シマオ:でもそれって、試験会場では小学生や中学生と一緒に受験することになりません……?

佐藤さん:もし恥ずかしいと感じるなら、それこそ落ちる訳にはいきませんね。かえって真剣に取り組むことができていいでしょう(笑)。

教科書では教えてくれない「裏」の知識

佐藤優 日本政治

イラスト:iziz

シマオ:では、小学校の教科書を読めば、政治のことは大体分かるようになるんでしょうか?

佐藤さん:少なくとも新聞の記事を読むのに困らないくらいの基礎知識は得られます。ただ、井戸さんとの本にも書きましたが、それだけでは足りない部分もあるんです。

シマオ:何が足りないんでしょうか?

佐藤さん:「裏」の部分です。教科書に書かれている知識は基本的に性善説によって書かれていますが、実際の人間の活動はそれだけでは説明できません。建て前とは異なる部分が世の中を動かしていることも多いからです。例えば、シマオ君は選挙でどのように投票する人を選びますか?

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み