アテネ、マイアミなどで「最高熱波責任者:CHO」を任命…健康だけでなくビジネスや観光にも脅威

EUROPE-WEATHER-ITALY

ギリシャでは2021年8月、1987年以来最悪の熱波に見舞われ、摂氏44度に達した。イタリア、シチリア島で摂氏51度を記録し、これはヨーロッパ史上最高気温と考えられている。写真は2021年8月12日にローマで撮影。

REUTERS/Guglielmo Mangiapane

  • アテネでは致命的な熱波に立ち向かうために、ヨーロッパ初の「最高熱波責任者:CHO」を任命した。
  • アテネ市長は、この暑さが「経済に多大な影響力を持つ観光客」を脅かしていると述べた。
  • アメリカのマイアミでは、2021年5月に世界初のCHOを任命し、街を涼しくする方法を模索している。

この夏、アメリカのフロリダ州マイアミ、ギリシャのアテネ、シエラレオネのフリータウンの各当局は、地域のビジネスや観光を脅かす致命的な熱波に対抗するために「最高熱波責任者(Chief Heat Officer):CHO」を採用すると述べた。

3都市の市長は、大西洋協議会(Atlantic Council)による「熱波レジリエンス同盟(Extreme Heat Resilience Alliance)」の一環として、この新たな役職を導入する。

これらの3都市の熱波は「都市のヒートアイランド」に分類されており、都市の設計や構造によって熱が吸収して再放出するため、最近の記録破りの気温上昇に見舞われている。

ロイターによると、アテネでは2021年の夏の初めに北部で発生した山火事により住宅が焼失し、気温は摂氏44度を記録した。8月11日にはイタリアのシチリア島にある小さな町で摂氏51度を記録した。これはヨーロッパでの観測史上で最高の気温だという。

アテネのコスタス・バコヤニス(Kostas Bakoyannis)市長は7月、「アテネをより涼しく、より環境に優しくするビジョンがある」と述べている。

「アテネにおける気候変動とは、住民にとっても、経済的に重要な観光客にとっても、より頻繁に発生する危険で極端な高温を意味する」

大西洋協議会の1部門であるエイドリアン・アルシュト・ロックフェラー財団レジリエンス・センターのシニア・バイス・プレジデント兼ディレクターであるキャシー・バウマン・マクロード(Kathy Baughman McLeod)は、猛暑の影響は健康問題に留まらないとInsiderに語っている。

「空港や地下鉄は閉鎖され、飲食店は厨房で働く人が暑さにさらされるため営業ができない。学校も暑すぎて閉鎖され、親は子どもの面倒を見るために仕事を休まなくてはならない」と彼女は言う。

「つまり、多大な影響があり、見えないコストもあるということだ」

ロイターによると、ギリシャ政府は観光客や市民に対し、不要な仕事や旅行を避けるよう警告している。ギリシャで観光客に最も人気のある遺跡であるアクロポリスでさえ、暑さのために閉鎖を余儀なくされた。

ギリシャ全土が過去数十年で最悪の熱波に見舞われる中、アテネ北部の郊外では山火事が発生し、近くの住民には避難指示が出された。

ギリシャ全土が過去数十年で最悪の熱波に見舞われる中、アテネ北部の郊外では山火事が発生し、近くの住民には避難指示が出された。

Gerasimos Koilakos/NurPhoto via Getty Images

古代都市アテネでは現在と未来の暑さに対処しようと、エレニ・ミリビリ(Eleni Myrivili)を最高熱波責任者に任命した。ヨーロッパで初の「CHO」だ。

ミリビリは「都市の気温を下げ、住民やそのコミュニティを守るためのアクションを起こす政策立案者を支援する」ことを楽しみにしているとプレスリリースで述べている。

「地球温暖化については何十年も前から議論しているが、暑さについてはそれほど議論してこなかった」と彼女は付け加えた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み