無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


女性記者を起用し続けるアフガンのメディア…「今頃は閉鎖されていると思っていた」

Tolo Newsのスタジオで、ニュースキャスターを撮影するカメラマン。2018年9月7日。

Tolo Newsのスタジオで、ニュースキャスターを撮影するカメラマン。2018年9月7日。

REUTERS/Omar Sobhani

  • アフガニスタンのTolo Newsは、タリバンによる支配の中で女性をテレビに出演させ続けている放送局の1つだ。
  • 「今頃はすでに閉鎖されていると思っていた」と、モビー・メディア・グループのサード・モーセニ会長はポリティコに語った。
  • しかし、タリバンにはこれまでの報道の自由に「変化を求める構成員」がいると彼は付け加えた。

アフガニスタンのモビー・メディア・グループ(Moby Media Group)の会長兼CEOであるサード・モーセニ(Saad Mohseni)は、ポリティコ(Politico)のインタビューで、同社が運営するチャンネルの1つであるTolo Newsがタリバンによる支配が広がる中で、未だに閉鎖されていないことに驚いていると語った。

「今頃は閉鎖されているだろうと思っていた。まだ放送できていることに驚き、次に何をすべきかを考えている」とモーセニは述べている。

「アフガニスタンのほとんどがそうであるように、我々は成り行きに合わせて動いているようなものだ」

タリバンがアフガニスタンでの実権を回復し、女性の権利の将来が不透明となる中、Tolo Newsは女性のテレビ司会者やジャーナリストとの仕事を続けている数少ない報道機関の1つとなっている。

我々の勇敢な女性ジャーナリストが今朝カブールに取材に出かけている。

モーセニによると、タリバンがアフガニスタンを掌握するには、「基本的に3つの段階」があるという。「権力の強化」「移行期間」、そして「アフガニスタン・イスラム首長国の設立」だ。現在、第1段階にあり、タリバンは今のところ「メディアに対する自由放任主義」を貫いているという。

彼は「メディアは、よほど物議を醸すようなことを報じなければ、比較的安全だろう」とポリティコに語っている。

「許容範囲はかなり広いと思う」

変化は第2段階で訪れるだろうと彼は考えている。

「タリバンの中には、メディアや社会的行動などに変化を求める構成員がいる。そのため、おそらく何らかの制限が課されることになるだろう」

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular