無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ゆとりっ娘に農家も参入。人気ポッドキャスターが「収益化率わずか3%」でも配信を続ける理由とは?

ポッドキャスト

人気が高まるポッドキャストだが、その課題は収益化だ。

Shutterstock

昨今、人気が高まる音声配信。コロナ禍による巣ごもり需要も後押しし、日本でもポッドキャストなどのユーザー数は増加している。

一方、課題は収益化だ。音声コンテンツが浸透しているアメリカでも、ポッドキャストで収益化に成功したポッドキャスターは全体の3%程度とも言われる

現役の人気ポッドキャスターたちがそれでも配信を続ける理由を聞いてみると、収益だけではない魅力がポッドキャストにはある、という。

ポッドキャスターは「次のYouTuber」になれるのだろうか?

楽曲制作やデザインにも挑戦

ゆとたわ

「スタバで隣から聞こえてくるOLの会話を盗み聞きする」をコンセプトに人気を集めるポッドキャスト「ゆとりっ娘たちのたわごと」。

画像:取材者提供

2017年末に配信を開始し、累計リスナー数が30万を超える人気ポッドキャスト「ゆとりっ娘たちのたわごと」(通称「ゆとたわ」)。

パーソナリティである、かりんさんとほのかさんは都内で会社員として働きながら、週に2回、30分の配信を続けている。

「(収益化については)何も決まっていないけれど、検討を始めたところです。この活動を生活の一部として続けていく方法を考えないとね、と話しています

「ゆとたわ」は、「スタバで隣から聞こえてくるOLの会話を盗み聞きする」をコンセプトに、実際に都内で会社員として働く2人のおしゃべりを配信。20代後半の2人が見て感じたことを素のままで発信し、その等身大の価値観や世界観が共感を集めている。

番組の知名度が上がっていくにしたがって、ポッドキャストに使う時間も増えた。はじめは週に数時間程度だったものの、今は平日の終業後や休日をまるまる使うことも当たり前になるほどの多忙ぶりだ。

しかし、2人に「職業=ポッドキャスター」として活動するビジョンはない。2人が収益化を焦らない理由に、ポッドキャストを続けることで、活動の幅を広げられるメリットがあるからだという。

例えば、絵を描くことが好きだったかりんさんは、ポッドキャストを通じて発信する場ができたことで、番組や、オンラインイベントのアートワークやグッズデザインなどに挑戦できたそうだ。

pic005

5月に開催されたオンラインイベントのアートワークやグッズはかりんさんがデザインした。

画像:取材者提供

ほのかさんは、「ゆとたわ」の活動を通じて、楽曲の制作や発表も実現。以前からの「曲を作ってみたい」という夢を叶えた。

2020年8月に発表した「ワナチル」はSpotifyでの再生回数が9000回を超えたという。

かりんさんが作詞、ほのかさんが作曲した曲がSpotifyをはじめApple MusicやLINE MUSICなどでも配信されている。

動画:ゆとたわチューブ

また、ポッドキャストの活動を通じて、思わぬ出会いもあった。

番組を始めて1、2カ月くらいの頃から、お笑い芸人のティモンディ前田さんが聞いてくれており、その後に「ゆとたわ」のイベントにゲスト出演してもらうような仲に。

ほかにも、アーティストのさとうもかさんや映画監督の大九明子さんがゲストとして出演してくれるなど、ポッドキャストを通じてつながった人たちも多い。

「『ゆとたわ』は私たちにとって仕事というよりも、生活に根付いた『ライフワーク』なんです。普段なかなか出会えない人たちと(ビジネス上の肩書きがついていない)素の自分として対話できていることも、ありがたいなと思っています」

YouTubeにはない面白みがある

鶴田祐一郎

「ノウカノタネ」パーソナリティのひとり、鶴田祐一郎さん。

画像:取材者提供

2021年3月に、Spotifyが主催する「Spotify NEXT クリエイター賞」を受賞した農業系ポッドキャスト「ノウカノタネ」は、さまざまなチャンネルを通じて、収益化に成功し始めた一例だ。

「ノウカノタネ」は、福岡の若手農家の鶴田祐一郎さん(つるちゃん)、久保田夕夏さん(コッティ)、毛利哲也さん(テツ兄)が始めた番組。農薬や農機具といった農家向けのテーマから農業以外のテーマまで幅広く扱い、農家だけでなく非農家のリスナーからも支持されている。

今主な収益源となっているのは、番組内での商品PR、YouTubeチャンネル、スポティファイオリジナル番組の制作の3つ。特に、YouTubeチャンネル「ノウカノタネTV」では、月20万〜30万円程度の収入につながっている。関係する収益を合計すると「ちょうど3カ月に1回軽トラが買えるくらい」の規模になっているという。

ポッドキャスト“外”での収益化に成功している「ノウカノタネ」。しかし鶴田さんは「ポッドキャストにはYouTubeにはない面白みがある」と感じているそうだ。

現役農家による人気ポッドキャスト「ノウカノタネ」。「農閑期の過ごし方ランキング」などニッチなタイトルが並ぶ。

撮影:西山里緒

「YouTubeは視聴者が僕を消費することに対して、対価が支払われているという感覚があります。そもそも視聴してくれているファン層も、全く違います」

視聴者からのコメントをとってみても、その層の違いがわかる。

YouTubeでは、たとえば「要はどの肥料を使えばよいのですか?」といった、パーソナリティから情報を吸い上げようとするコメントがつく。一方、ポッドキャストでは、「自分はこう思う」といった、リスナーが受け取った情報を咀嚼(そしゃく)した上での意見やフィードバックが多いそうだ。

Spotify、 Appleも収益化モデルを模索

音声プラットフォーム

音声プラットフォーム各社はクリエイターの収益化への道を模索し始めた。

画像:Shutterstock

YouTube以上にファンとの距離も近く、自ら主体的に番組と関わるリスナーも多いと思われるポッドキャスト。重要なのは「番組の性質とリスナーとの関係性」を壊さない収益モデルを作っていくことだろう。

それらを無視して広告を挟み込んでしまえばそれはただのノイズであり、リスナーが離れていくことにつながりかねない。音声コンテンツのマネタイズポイントをいかに作っていくかは、慎重に設計される必要がある

なお、収益化できているポッドキャスターの割合はまだまだ低いものの、音声配信のプラットフォーム各社はいままさに様々な形でクリエイターの収益化モデルを模索している。

Spotifyは2月にオーディオ広告のマーケットプレイス「Spotify Audience Network」の解放、4月には有料サブスクリプション(定額課金)と、クリエイターの収益化に向けた施策を相次いで発表した。

Appleはそれを追うように、4月にポッドキャストのサブスクリプションサービスの開始を発表。

また、国内の音声配信プラットフォームでは、stand.fmが「月額課金チャンネル」機能を提供している。

Voicyは、企業によるスポンサーに加え、リスナーからの月額課金できるサービスを開始している。同社によると、個人による音声配信で80名以上の収益化を実現し、最高月額200万円を達成した配信者もいるとのこと。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular