無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


人脈の有無で資金調達の成功確率に13倍の差。コネなし起業家がVCの目にとまるための8つの方法

ベンチャーキャピタル(VC)に投資の判断基準について話を聞くと、よく挙がるのが「好意的な紹介があること」と「シリアルアントレプレナー(連続起業家)かどうか」だ。

人脈のある起業家は、そうでない起業家より投資を受けられる確率が13倍高いと言われている。ではそもそも、新たな事業を立ち上げたばかりで頼れる人脈がない起業家は、どうすればVCの目にとまることができるのだろう?

起業家が事前の連絡もなしにVCにメールを送りつけたとしても、投資担当者のメールボックスにはすでに他の起業家1000人ほどから相談メールが届いており、その中に埋もれるだけだろう。

総額で数十億ドルを投資しているVC11社に話を聞いたところ、8つのヒントが浮かび上がった。

1. 企業情報データベースに登録する

米カリフォルニア州のVC、アクセル(Accel)でヨーロッパ担当パートナーを務めるセス・ピエールポンは、投資先候補を調査する際に「VCがよく使うのは企業情報データサービス」と明かす。VCとの出会いを求めるスタートアップなら、データベースへの登録は必須だ。では、VCたちは具体的にどんなデータベースを見ているのか。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular