無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウェイモ、一般市民を対象に自動運転タクシーの運行を開始…ただし今は補助ドライバー付き

612663f0a86463001841ec64

Waymo

  • グーグルからスピンアウトした自動運転技術開発のウェイモは、サンフランシスコで一般市民を対象に「ロボタクシー」の配車サービスを開始した。
  • ウェイモはジャガーの電気自動車を用いた配車サービスのテスト「Trusted Tester program」を行っている。
  • すべての車両には、緊急時に対応するための補助ドライバーが同乗する。

サンフランシスコ市民は、自動運転タクシーを利用できるようになった。

ウェイモ(Waymo)は2021年8月24日、「ロボタクシー」のテスト運行「Trusted Tester program」を開始した。使用される車両はジャガー(Jaguar)の電動SUV「I-PACE」で、サンフランシスコ市民はこれに乗って目的地まで行けるようになる。このSUVには、ウェイモの第5世代の自動運転システム「ウェイモ・ドライバー」が搭載されている。

「このテスト運行を通じて、サンフランシスコの充実した公共交通インフラを補完し、市民の交通手段の選択肢を広げていきたい」と同社はプレスリリースで述べている。

「より多くの市民がウェイモ・ドライバーを体験し、声を寄せてくれることを楽しみにしている」

グーグル(Google)の自動運転プロジェクトとしてスタートしたウェイモは、10年以上前からサンフランシスコで自動運転のテストを行っているが、一般市民を対象とするのは今回が初めてだ。乗車の予約は同社のアプリ「Waymo One」から行う。

テストに参加する市民は「日常的なニーズに応じて、サービスエリア内で行きたい場所があれば、タクシーを呼ぶことができる」とウェイモはリリースで述べている。すべての車両には、緊急時に対応するために訓練を受けた補助ドライバーが同乗する。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み