無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


デルタ株も心配… 「オフィスに戻りたくない」リモートワークの従業員が増えている —— PwC調査

リモートワーク

Szepy/Getty Images

  • PwCの8月の調査によると、リモートワークをしている人の41%はフルリモートのままでいたいと考えている。
  • オフィスに戻りたくないと答えた人が29%だった1月の時点から増加した。
  • PwCのブーシャン・セティ(Bhushan Sethi)氏は、企業は一部の従業員が在宅ワークを続けることを選んでも、「リモートワークによる不平等」を防がなければならないと話している。

新型コロナウイルスのパンデミックが長引く中、従業員の中には"リモートワークの柔軟性"への愛着が強まり、オフィスが再開してもそれを失いたくないと考える人もいる。

PwCが1007人の正社員およびパート従業員を対象に実施した調査の結果、リモートワークに対する考えはさまざまであることが分かった。調査結果を詳しく見ていくと、前回調査が行われた1月からの"変化"も分かってきた。1月の時点でフルリモートを希望していたのは29%だったが、8月の調査ではその割合は41%に増えた。

8月の調査では他にも:

  • 19%が「新型コロナウイルスの心配をしなくて良くなった後」もフルリモートがいいと回答
  • 22%がリモートワークは週に1回以下がいいと回答
  • 17%が週に3日はリモートワークをしたいと回答している。

デルタ株とワクチンの義務化が心配

PwC USのPeople & Organization ジョイント・グローバル・リーダーのブーシャン・セティ(Bhushan Sethi)氏は、リモートワークをしている人々が「『選択肢が欲しい、自分たちはライフスタイルの選択をすることに慣れた』と言う」のは「必ずしも驚きではない」と言い、「こうした人々は従業員のリモートワークを快く受け入れている、理解ある雇い主を持っているのかもしれない」とInsiderに語った。

人々がオフィスに戻りたくないと考えているのは、デルタ株に対する不安もあるかもしれない。フェイスブックといった一部企業は、オフィスの再開を延期した。従業員にワクチン接種を求める企業もある。

「会社員の3分の2がワクチンの義務化を歓迎すると答えていることから、勤め先がワクチンを義務化すれば、一部の人々はオフィスに戻ることへの自信を高める可能性がある」とセティ氏は言う。ただ、ギャロップ(Gallup)のある調査では、会社員の36%は雇い主がワクチンを義務化することを強く望んでいる一方で、29%はワクチンの義務化に強く反対している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み