無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米ロレアル、「同一労働同一賃金」の認証を取得…性別や人種などに関わらない公平な給与と認定

ロレアルUSAは8月26日、国際的な第三者機関からペイ・エクイティ(同一労働同一賃金)基準の認証を受けたことを発表した。

ロレアルUSAは8月26日、国際的な第三者機関からペイ・エクイティ(同一労働同一賃金)基準の認証を受けたことを発表した。

Courtesy of a L'Oreal employee

  • 多くの企業が、この1年半の間にペイ・エクイティ(同一労働同一賃金)への取り組みを開始した。
  • 化粧品大手のロレアルUSAの経営陣は2011年からペイ・エクイティに取り組んでいる。
  • 8月26日、ロレアルUSAは、自社のペイ・エクイティが第三者機関によって認証されたことを発表した。

2020年の人種差別問題への対応をきっかけに、多くの企業幹部が人種、性別、能力、性的指向にかかわらず、従業員の給与が平等に支払われていることを確認するためのデータ収集を始めている。データを客観的に評価するために第三者機関に依頼している経営者もいる。

化粧品大手ロレアルUSAのチーフ・ダイバーシティ&インクルージョン・オフィサーであるアンジェラ・ガイ(Angela Guy)は、10年以上前からこのような取り組みを行っている。そして今、その成果が表れてきた。ロレアルUSAは2021年8月26日、国際的な第三者機関「EDGE認定財団」から性別、人種、民族、年齢、能力、LGBTQアイデンティティに関わらないペイ・エクイティを達成した初めての企業として「EDGE Plus 認証」を受けた

「従業員による評価と第三者を通じた社外からの検証により、我々のコミットメントが本物であるという確信を得ることができた」とガイはInsiderに述べている。

ロレアルUSAのチーフダイバーシティ&インクルージョンオフィサー、アンジェラ・ガイ。

ロレアルUSAのチーフダイバーシティ&インクルージョンオフィサー、アンジェラ・ガイ。

L'Oréal USA

2011年の世界経済フォーラムで、第三者の認証機関が企業の給与データや昇進の慣行が公平であるかどうかを評価する認証システムが発表された。これには男女格差に焦点を当てた「EDGE」と、それに人種などの要素を取り入れた「EDGE Plus」がある。起業家で、非営利団体のアドバイザーでもあるニコル・シュワブ(Nicole Schwab)と、元ビジネスコンサルタントのアニエラ・ウングレサン(Aniela Unguresan)によって開発された。

「エクイティへの取り組みを真剣に考えているのであれば、第三者による評価を恐れることはない。まずはスタート地点に立つ必要があるのだから」とガイは述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み