無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


起業のきっかけはトライアスロン。優れた人財巻き込む「さらけ出す」力【セルソース・裙本理人3】

セルソース裙本理人

撮影:今村拓馬

再生医療ベンチャー「セルソース」CEOの裙本理人(38)は、社会人になってから趣味でトライアスロンを始めた。起業を意識し始めたのは28歳、住友商事に入社して6年目だった。当初、裙本が所属していたトライアスロンの社会人チームには、多くの経営者がいた。チームの先輩の話を聞くうちに、裙本の中に「いずれ自分も独立を」と挑戦心が芽生える。

「セルソースという会社は、トライアスロンの縁から生まれた稀有な会社」と裙本はにこやかに言う。

法改正を機に退職、トライアスロン仲間と起業

セルソース裙本理人と山川

トライアスロン仲間で医師の山川雅之と裙本。山川は自由診療領域の知識や資金面でも裙本を支えた。

提供:セルソース

創業の経緯にも、トライアスロンチームの仲間が深く関わる。医師の山川雅之(57、現筆頭株主、戦略顧問)だ。山川から再生医療の話を聞いた裙本は、事業の拡大と最速の上場にコミットし、山川と資本金を出し合って、2015年に創業する。

転機となった出来事はその前年、2014年の再生医療等安全性確保法(再生医療法)の施行だ。裙本は商社ビジネスの倣いで、「法改正はビジネスが大きく動くチャンス。この機会を逃してはならない」と強く思った。この法改正を機に、商社を退職。徹底して再生医療に関連する技術や市場環境を調べた。

裙本がまずビジネスの対象から外したのは、「細胞治療薬」。これは治験を必要とするため、莫大な初期投資がかかるからだ。一方で、対象としてふさわしそうだと目をつけたのが、患者自身の身体から細胞を抽出し、加工して患者に戻すという細胞加工の受託ビジネス。いわゆる医療機関業務のアウトソースであり、医療機関側のコストダウンにもつながることで、十分なニーズが見込めた。

加工のニーズが高いのが「脂肪由来幹細胞」だろうと裙本はアタリをつけた。美容や整形外科など自由診療領域の医療に詳しい医師の山川が、こう後押しした。

「脂肪由来幹細胞の加工には、細胞の輸送費の問題をはじめ事業化のための課題が山積しているけれど、潜在的な患者さんの数は多く、市場は大きい。原料として容易に手に入る脂肪由来幹細胞からスタートすべきだ」

非日常での達成感が一体感を生む

裙本理人

トライアスロン大会に出場する裙本。ゴールには、自転車だけでも180kmの距離を走破する必要がある。

提供:セルソース

そこで裙本は課題解決のために、バイオビジネスを深く知る金島秀人(68、現最高技術顧問)に教えを乞うた。金島もまた、トライアスロン仲間の紹介で知り合った。金島は医学博士を持つ医師であり、シリコンバレーで30年超を過ごし、バイオベンチャーの立ち上げに参画した経験もある。金島のサポートもあり、裙本は再生医療のサービス化を阻む技術上の壁を一つずつクリアしていき、2015年の創業に漕ぎ着けた。

なぜ、トライアスロン人脈は、こんなにも協力的なのか?

そもそもトライアスロンのレースでは、競技に参加する人たちとはライバルというより仲間のような一体感が生まれやすいのだと裙本はいう。自転車を輸送し各地を転戦するだけでも資金がかかり、参戦には時間も体力も要する。開催地は五大陸にまたがり、ハワイや沖縄のような島で開催されることも多い。中でも「アイアンマン」というレースは、水泳が3.8km、自転車が180km、最後がフルマラソンと規定の距離が長い。

裙本は、トライアスロンのコミュニティで業種も年齢の違いも超え、フラットで開放的な関係性が生まれる理由をこう話す。

「レースは観光と違い、国内外の『深い田舎』をめぐる。いってみれば旅であり、非日常なんです。同じゴールを目指し過酷なレースを走り抜くと、達成感は格別で、『一緒の大会でゴールできて、もう最高!』っていうような仲間同士の一体感が生まれるんですよ」

再生医療分野のGoogle目指す

裙本理人と村上憲郎

元Google日本法人代表の村上憲郎は、初対面で事業内容を聞くなり、即座に社外取締役のオファーを引き受けた。

提供:セルソース

人との出会いや仲間との一体感を大事にする裙本は、「人財の輪」で会社を強くする。セルソース内の組織図に当たる「アロケーションマップ(人財割り当て表)」には、全社員の役割がそれぞれのマス目に一文で記されているのだが、社長である裙本の一番の役割は「未来のセルソースを創る人財集め」と明確だ。

元Google日本法人代表の村上憲郎(74)がセルソースの社外取締役に就いた時、IT業界きってのトップ経営者が設立まもないベンチャーの応援団になったことに注目が集まった。

村上は、東京・渋谷区のカフェで初めて対面した際、裙本のオファーを即時に引き受けたのだという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み