無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


TikTokでも大人気! 中国発のファストファッション「SHEIN」はいかにして10代の心をつかんだのか

SHEIN

Instagram/Shein

  • 市場調査会社ユーロモニターによると、「SHEIN」は今や世界最大のオンライン限定のファッション企業だ。
  • SHEINはその価格で競合を圧倒している。その公式サイトには毎週、何千という新たなアイテムが追加される。
  • 若い消費者を取り込むため、SHEINはソーシャルメディア上で積極的なマーケティングを展開している。

中国発のファストファッション「SHEIN」は2021年、アマゾンを追い抜いて、アメリカで最もダウンロードされたショッピングアプリとなった。

SHEINのアプリ

Katja Knupper/Die Fotowerft/DeFodi Images via Getty Images

市場調査会社ユーロモニター(Euromonitor)によると、SHEINは今や世界最大のオンライン限定のファッション企業だ。生産時間を1週間に縮め、公式サイトに毎週平均して3000もの新たなアイテムを追加し、価格を競合他社に比べて大幅に低くすることで、SHEINはファストファッションを再定義している。


Coresight Researchによると、SHEINは2020年に100億ドル(約1兆1000億円)の収益を上げたと見られている。

SHEIN

Edward Berthelot/Getty Images

これは前年比250%増にあたる。ちなみに、競合するオンラインファッションの「ASOS」や「boohoo」の収益は2020年、それぞれ44億ドル、24億ドルだった。


ソーシャルメディア上でSHEINに遭遇しないでいることは不可能に近い。それは広告の場合もあれば、顧客が最近購入した数えきれないほどたくさんのアイテムについて話題にしているTikTokの動画の場合もある。

アイテム

Instagram/Shein

ただ、オンライン上のあちこちで存在を示す一方、SHEINはとても閉鎖的だとの評判もある。

SHEINは2008年にマーケティングと検索エンジンの最適化に詳しい許仰天(Chris Xu)氏が立ち上げた。オンラインでウェディングドレスを売ることから始め、2012年にはウィメンズウエアに多角化し、その後、ブランド名をSHEINに変えた。

現在、SHEINは子ども服やメンズウエアも取り扱っていて、世界220カ国に商品を届けている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み