無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


カリフォルニア沖で多くのコンテナ船が入港待ち… 労働力不足、パンデミック、貿易量急増が影響

カリフォルニア沖に停泊中の貨物船。COVID-19のパンデミックにより、アメリカの港では過去10年で最悪の混雑に見舞われている。

カリフォルニア沖に停泊中の貨物船。COVID-19のパンデミックにより、アメリカの港は過去10年で最悪の混雑に見舞われている。2021年1月26日撮影。

Brittany Murray/MediaNews Group/Long Beach Press-Telegram via Getty Images

  • カリフォルニアの港の外で44隻のコンテナ船が立ち往生し、輸送の遅れコスト増に見舞われている。
  • これは、パンデミック中の最高記録となる2021年2月の40隻を上回っている。
  • カリフォルニアの港は、アメリカの輸入量の約3分の1を取り扱い、中国との貿易の中心的な役割を果たしている。

アメリカ・カリフォルニア州の2つの港では、44隻の貨物船が入港待ちの状態にあり、COVID-19のパンデミックが始まって以来、最も多い数となっていると、南カリフォルニア・マリン・エクスチェンジ(Marine Exchange of Southern California)が2021年8月28日に報告した。

これは、労働力不足、パンデミックによる混乱、ホリデーシーズンの買い付けの急増などによるものだ。ロサンゼルス港のデータによると、船の平均待ち時間は7.6日に増加している。

「通常、停泊しているコンテナ船の数はゼロから1の間でしかない」と、マリン・エクスチェンジのエグゼクティブ・ディレクター、キップ・ルーティット(Kip Louttit)は2021年7月にInsiderに語っている

カリフォルニアのロサンゼルス港とロングビーチ港は、アメリカの輸入量の約3分の1を取り扱っている。これらの港は、中国からの主要な荷受け場所であり、パンデミックの期間中はひどい混雑に見舞われた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み