無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イベルメクチンの処方数が24倍に…米CDC、コロナ治療目的の使用に注意喚起


Ivermectin tablets.

イベルメクチンの錠剤。

Photo by Soumyabrata Roy/NurPhoto via Getty Images

  • アメリカ疾病予防管理センターによると、イベルメクチンの処方数はパンデミック前に比べると2021年8月には24倍に急増したという。
  • イベルメクチンは根拠がないにも関わらず、新型コロナウイルス感染症の治療薬として喧伝されている。
  • イベルメクチンは治療薬としては承認されていないばかりか、適切に服用しないと危険な場合がある。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として根拠なく推奨されている経口駆虫薬イベルメクチンの処方数が、2021年8月にはパンデミック前の水準と比較して24倍以上になったという。

イベルメクチンは寄生虫の駆虫薬として使用が認められているが、新型コロナウイルス感染症の治療薬としては認められていない。

CDCが2021年8月26日に発表した報告書によると、8月13日までの1週間での処方数は8万8000件を超えたという。

CDCによると、これはCOVID-19によってアメリカで国家緊急事態宣言が出された2020年3月13日以前の1年間の、イベルメクチンの週平均処方数の約24倍にあたるという。

イベルメクチンが新型コロナウイルスによる患者や死者を減少させることを決定的に裏付けるデータはないにも関わらず、ロン・ジョンソン(Ron Johnson)上院議員やランド・ポール(Rand Paul)上院議員といった著名人が新型コロナウイルスの解決策としてイベルメクチンを推奨している

アメリカ食品医薬品局(FDA)CDCは、イベルメクチンを新型コロナウイルスに対する治療薬として使用した際の危険性に対して、注意勧告を出している。

CDCは、イベルメクチンの不適切な服用は過剰摂取につながり、幻覚、痙攣、昏睡を引き起こして死に至る可能性があると述べている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み