無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


バンダイナムコ、NFT事業参入へ。ブロックチェーン大手「double jump.tokyo」へ出資を発表

バンダイナムコ

日本のゲーム大手・バンダイナムコは企業の知的財産(IP)のNFT化支援などを担うdouble jump.tokyoへ出資を発表した。

撮影:西山里緒

ゲームメーカー大手のバンダイナムコエンターテインメントとバンダイナムコライブクリエイティブは9月3日、ブロックチェーンゲームの開発・運営を手がけるdouble jump.tokyo(DJT)への出資を発表した。調達額は非公表。

プレスリリースによると、バンダイナムコグループは「DJTへの出資を通じて、エンターテインメント領域における新たな価値創造を目指す」としており、今後バンダイナムコが有する知的財産(IP)のNFT(※)化を進めていくものと考えられる。

※NFT…Non Fungible Token(非代替性トークン)。ブロックチェーン技術を使ったデジタル資産の一種。画像や音声など特定のデータを唯一無二のものとして証明できる。

double jump.tokyoは2018年に創業。2021年、同じくゲームメーカー大手のスクウェア・エニックス、セガともそれぞれ協業を発表している。

スクウェア・エニックスが2012年から展開しているオンラインカードゲーム「ミリオンアーサー」は、LINEブロックチェーン上で「NFTデジタルシール化」されることが発表され、今夏の販売が予定されている。

なお、double jump.tokyoは9月3日、Zホールディングスの子会社「Z Venture Capital」と仮想通貨取引所大手のbitFlyerからも同じく第三者割当増資の実施を発表している。

(文・写真、西山里緒

編集部より:初出時、double jump.tokyoの第三者割当増資の引受先をZホールディングスとしておりましたが、正しくはZホールディングスの子会社「Z Venture Capital」でした。訂正いたします。2021年9月9日 17:45


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み