無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「給料の高さ」はもはや決め手にならない。優秀人材が実は重視している「労働条件・待遇」5つのポイント

米労働省の発表によると、米国の2021年4月の離職者数は400万人にのぼった。マイクロソフトの調査によると労働者の41%が今年中の退職を検討中だという。また米世論調査研究所ギャラップの研究の調べでは、48%が実際に転職活動を行っているか、または新たな仕事の機会があれば検討したいと考えていることがわかった。

コロナ禍により観光業やホテル業など人員削減が生じた分野もあるが、テクノロジーや専門サービスの分野では人手が不足している。したがって、企業は才能ある人材を惹きつけるためには工夫しなければならない。

高い給料、高い評判、名の通った企業であるというだけでは、もはや人材を惹きつけることはできない。彼らが複数の会社からオファーを受けていたり、コンスタントに競合他社からもスカウトメールを受け取ったりしている場合はなおさらだ。

では、従業員や求職者が「本当に」求めている勤務条件や福利厚生とは何だろうか? 人事・採用の専門家らに取材した結果、5つの傾向が見えてきた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

cop26

COP26「脱炭素」と原発推進の不都合な現実…ヨーロッパ主要国が急進する理由は「電源構成」でわかる

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Dec. 07, 2021, 12:00 PM

Popular