無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


カリフォルニア大学バークレー校が「商業的に成功する」AI・データベンチャーを次々生み出す理由

613274f861f7d80018f2400e

人工知能(AI)・統合データ分析プラットフォームのデータブリックス(Databricks)のメンバー。

Databricks

この1年の間に、オープンソース(=プログラムをインターネット上で一般公開しているソフトウェアもしくはその取り組み)スタートアップ4社が素晴らしい成功をおさめた。

2021年7月、人工知能(AI)・統合データ分析プラットフォームのデータブリックス(Databricks)が16億ドル(約1760億円)の資金調達を発表、評価額は380億ドル(約4兆1800億円)に達した。

データセキュリティのオペーク(Opaque)はシードラウンドで950万ドル(約10億円)の資金調達を発表した。

ブルームバーグ報道(6月11日付)によれば、AIチップ設計のサイファイブ(SiFive)はインテルから20億ドル(約2200億円)超の買収提案を受けたという。

分散コンピューティングのエニスケール(Anyscale)は2020年10月、シリーズBラウンドで4000万ドル(約44億円)を調達したと発表している。

上記4社の共通点は、いずれも米カリフォルニア大学バークレー校のコンピュータサイエンス専攻のラボ(研究所)から生まれたこと。どのラボにも、在籍期間が5年間に限られるという珍しい伝統が受け継がれている。

2017年設立の「RISELab(ライスラボ)」は最も新しいラボだ。

米カリフォルニア大学バークレー校コンピューターサイエンス専攻の学生たちが所属する「RISELab」の紹介動画。

UCB RISELab YouTube Official Channel

所属する学生たちに与えられる時間はわずか5年で、オープンソースのテクノロジーのみを駆使して、AIなど各専門分野における具体的な問題を解決しなくてはならない。

しかし、そうやって自らに時間制限を課す仕組みは間違いなく良い結果を生み出している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular