無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


グーグルVC責任者が教える、グーグルに投資してもらうために知っておくべき5つのポイント

Google

VCやスタートアップ企業とグーグルのパートナーシップ戦略を統括しているレイチェル・パーマー。

Google

2016年以降、レイチェル・パーマー(Rachael Palmer)は、グーグル(Google)でヨーロッパ、中東、アフリカにあるベンチャーキャピタルやスタートアップ企業とのパートナーシップ戦略を統括している。

最近の成功例として、ヨーロッパではBlack Founders Fundという黒人創業者向けの200万ドルのファンドを立ち上げ、アフリカでも同様の300万ドルのスキームを立ち上げた。

「私の役割は、これらの地域のトップのベンチャーキャピタルとスタートアップ企業とのパートナーシップを促進することに加え、このエコシステムをより良い方向に変革するための取り組みを行うことです」パーマーはInsiderに語っている。

パーマーは、これまでマイクロソフトとアメリカン・エキスプレスで働いた経験を持ち、アメリカン・エキスプレスでは中小企業との連携に多くの時間をかけてきた。グーグルに社内コンサルタントとして入社した後、「すぐにスタートアップ企業のエコシステムの中での仕事を見つけました」と語っている。

彼女は、グーグルでの自分の役割について「毎日、決まった形の仕事をやっているわけではない」と言う。

「ある日は、創業者と緊密に仕事をし、彼らのビジネスを理解し、我々がどのように支援できるかを考えたり、社内のプロダクトチームと一緒にVCやスタートアップをどのようにこのエコシステムに引き込むかについて話し合ったりしています」

「別の日には、ベンチャーキャピタルの人たちと時間を過ごし、彼らの投資先企業のポートフォリオやどのように我々が提携できるのか、彼らが投資先企業に何を求めているのかを学ぶこともあります。さらに別の日には、Black Founders Fundと密接に連携して、創業者たちやその他の『より多様で公平なスタートアップエコシステムを作る』というビジョンを共有している人々と仕事をすることもあります」

グーグルとビジネスパートナーになるために必要な5つのポイントを紹介する。

1. グーグルユーザーにとってのメリットとは何か?

Google Chromebook

Google Chromebook。

T3 Magazine/Getty Images

もしあなたが起業家で、いつかグーグルの投資を受けたいと思っているなら、パーマーは「あなたの会社が、グーグルとそのユーザーに真に提供できるものがあるかどうかを確認すること」が一番のアドバイスだと言う。なぜなら、ユーザーは「私たちのやることすべての中心」であるからだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

Popular