無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ジェフ・ベゾス、今度はアンチエイジングに投資…山中伸弥教授も参画するスタートアップ企業へ

ブルーオリジンの宇宙船「ニューシェパード」での飛行について笑顔で話すジェフ・ベゾス。2021年7月20日にテキサス州で行われた記者会見にて。

ブルーオリジンの宇宙船「ニューシェパード」での飛行について笑いながら話すジェフ・ベゾス。2021年7月20日にテキサス州で行われた記者会見で。

Joe Raedle/Getty Images

  • 2021年の初めにアルトス・ラボというアンチエイジング研究を行う会社が設立された。
  • 関係者がMITテクノロジーレビューに語ったところによると、同社はジェフ・ベゾスを出資者の1人として挙げているという。
  • アルトス・ラボは、人間の細胞を再プログラムする技術を開発しようとしているという。

若返り法の発見を目指す新たな企業が、アマゾン(Amazon)の創業者であるジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)から資金提供を受けたことを、MITテクノロジーレビューが9月4日に報じている。

アルトス・ラボ(Altos Labs)は2021年初めに設立された研究開発企業で、年俸100万ドル(約1億円)で科学者を採用しているという。

MITテクノロジーレビューは「アルトス・ラボの説明によると」ベゾスが投資家の1人であると報じている。ベゾスの資産管理会社であるベゾス・エクスペディション(Bezos Expeditions)は、同誌からのコメント要請に応じていないという。またInsiderからもコメントを要請したが、回答は得られていない。

ベゾスは2021年7月にアマゾンのCEOを退任した。2月に社員に宛てた書簡では、今後は慈善活動や宇宙開発会社ブルーオリジンといった、彼が情熱を傾けているプロジェクトに時間を費やすと述べていた。

ベゾスがアンチエイジングの研究に資金を提供したのは今回が初めてではなく、2018年にはアンチエイジング薬の製造を目的としたバイオテック企業のユニティ・テクノロジーズ(Unity Technologies)に投資している。

MITテクノロジーレビューによると、アルトス・ラボは主に「リプログラミング」と呼ばれる技術にフォーカスしているという。これは、細胞にタンパク質を加え、幹細胞のような状態に戻すよう指示する技術のことだ。この技術をマウスで実証し、2012年に共同でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授が、アルトス・ラボの科学諮問委員会の委員長を務めることになっている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み