無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「妻の夢が私の夢」くじ引きから出会い結婚。「相手は分かっていない」前提だとうまくいく

自分たちの夢を実現している夫婦にパートナーシップを10の質問で探る「だから、夫婦やってます」。

8回目の後編は、ポピンズホールディングス社長 轟麻衣子さんの夫であるゴメス・モレノ・フアン・マニュエルさん。コロンビア生まれ、フランス育ちで国籍はイギリスという多文化のバックグラウンドをお持ちです。

ロンドンの金融街でキャリアを歩み、日本に移住してきたフアンさんから見た夫婦の危機や、今後の夢とは?

轟さんご夫婦サムネ.002

写真:千倉志野

—— 出会いのきっかけと結婚の経緯は?

私たちはお互いに20代後半の頃、INSEAD(欧州経営大学院)のMBAプログラムに参加した生徒として知り合いました。私が参加したのは、「世界のどこでも働けるスキルと知識を身につけたい」と考えたからです。異文化を学びたいという意欲があり、特にアジアには関心を持っていました。

INSEADは世界の数カ所に拠点があり、私はフランス校に在籍していたのですが、1年間のプログラムの途中で交換留学生としてシンガポール校に行くことに。引越し先の部屋を探していたときに、空き部屋を紹介してくれたのが彼女のルームメイトだったのです。

期間は2カ月ほどでしたが、近くで生活をする学友として、いろいろな話をしながらお互いのことを知っていきました。話題は、ビジネスや家族、音楽、母国の文化のことまで幅広く。それまで人生に起きた出来事をお互いに話し、聞きながら、人となりや生きる姿勢を理解していきました。

彼女はそれまで出会ったどの女性とも違いました。エレガントな振る舞いで誰に対しても優しく、自然で洗練されたコミュニケーションができる。初めて会ったときから特別な感情を抱いていました。

—— なぜ「この人」と結婚しようと思ったのですか?

どちらかというと、「なぜ彼女が自分を選んでくれたのだろう?」と聞きたいですね(笑)。麻衣子と私は生まれ育った文化はまったく違うのに、人生で大切にしている価値観はとても近く、一緒にいることが自然だと感じられました。例えば、家族に対する愛情や、「家族という関係性の価値を社会の中で高めていきたい」というビジョンが一致していました。性格面では私は内向的であるのに対して、彼女は社交的。補完関係もありつつ、足並みが揃っている。人生の伴侶として理想的な相手だと最初から感じていました。

麻衣子と結婚することは、麻衣子の夢を尊重し、支援する人生を選ぶということでもありました。彼女には成し遂げたい思いが強くあって、いずれは家業を継ぎたいという考えは最初から理解していましたし、その生き方が彼女の素晴らしい魅力でもありました。私自身も、家族を軸としたビジネスを推進していくという彼女の目標には強く共感しましたし、私の夢でもあると思えました。夫婦はワンチームです。妻にやりたいことがあれば支えたいし、私の人生も妻が支えてくれています。

長く暮らしたヨーロッパから日本へ移住することは大きなチャレンジでしたが、不安よりも楽しむ気持ちのほうが勝っていたと思います。私は専門がファイナンスで、ロンドンでは金融街でキャリアを積んでいました。日本に渡った後、幸運にも金融業界で仕事が見つかり、今は日系証券会社で新規事業開発の担当をしています。ブロックチェーンなど先進的な技術に関われる仕事はすごく面白いですし、日本で子育てをしている日常も楽しんでいます。

私は母国のコロンビアも大好きですし、まさか自分が日本で子育てをする道を歩むとは想像もしていませんでしたが、人生とはそういうものですね。すべてのきっかけは、15年前の交換留学。しかも、麻衣子のいるシンガポール校を選んだのは私の意思ではなく「くじ引き」の結果だったのです。あの時に違う選択肢を引いていたら……と想像すると、運命を感じますね。

「相手は分かっていない」前提に立つ

轟さんご夫婦年表.002

写真:千倉志野

—— お互いの自己実現を支援するために、大切にしてきたことは?

日頃のコミュニケーションがすごく大切だと考えています。妻は社長という役割上、誰にも言えない課題を抱えるときも少なからずあるはずです。私からあれこれと聞き出す訳ではありませんが、彼女が誰かに頼りたいときに支えになれるよう心掛けているつもりです。

仕事だけじゃなく、子どもを育てる父・母として、よく話をしていますよ。子どもたちが寝た後に、リラックスしながら会話するのがほぼ日課のようになっています。

一緒に暮らし始めてすぐに分かったことが一つ。「これくらい分かってくれるだろう」と相手に期待するのは禁物。「相手は分かっていない」ことを前提に丁寧に説明すること。そして、説明してもなお相手が分かってくれないときは、相手が分からない理由を理解しようと努力すること。私たちのような異文化カップルの場合は、特に意識しなければいけないと肝に銘じています。

—— パートナーから言われて、一番うれしかった言葉は?

うーん、何がいいかな……。きっと妻は同じ質問を受けて素敵な回答をしてくれたかもしれないですが、私はこれといった言葉を選べません。日常のかけらがたくさんコレクションされていて、特別な言葉を一つだけ選ぶことができないのです。言葉だけでなく、彼女と共有してきたたくさんの経験が宝です。

麻衣子と出会い、共に時を重ねて私は大きく変わったと思います。もちろん、いい意味で。お互いに影響を与え合い、私も少しは洗練されたかなと思っています。

—— 夫婦にとって最もハードだった体験は? それをどう乗り越えましたか?

夫婦の危機? もちろんありましたよ。けれど、深いところの関係性は築けている自信があるから、信頼は揺るがない前提で“建設的なケンカ”をしてきました。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み