無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


インテルCEOが語った「自動車+半導体」大胆過ぎる予測と投資計画。2022年に自動運転タクシー投入も

prime_intel_mobility_chip_top

9月7日、国際モーターショー「IAAモビリティ」で基調講演したインテル(Intel)のパット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)。

Intel

ドイツ・ミュンヘンで開催中の「IAAモビリティ」(前身は「フランクフルトモーターショー」)基調講演に、2021年2月にインテル最高経営責任者(CEO)に就任したパット・ゲルシンガーが登壇した。

あまりに重要で注目すべき内容ばかりなので、ここで端的にポイントをまとめて紹介したい。

【ポイント1】2030年までに高級車を構成する部品の20%以上が「半導体」に

世界中で半導体の供給不足が発生し、この状況は2022年まで続くとか、2021年下半期中に回復するとか、さまざまな見方が交錯している。

トヨタ自動車は9月の世界生産を4割減らすと発表。米ゼネラル・モーターズ(GM)も9月に北米8工場で減産する計画を公表した。

ブルームバーグの報道(9月6日付)によれば、独フォルクスワーゲンのヘルベルト・ディースCEOが「今後数カ月、場合によっては数年間続く」、独ダイムラーのオーラ・ケレニウスCEOも「2023年まで不足が続く可能性」と見通しを語っている。

そうした現状のなかで、インテルのゲルシンガーCEOの発言は、少なくとも半導体不足が急激に解消される展開はあり得ないことを示唆したと理解できる。

2019年段階で高級車部品の4%を占めるに過ぎない半導体が、2030年までの10年足らずで5倍の20%を占めるようになるというのがゲルシンガー発言の主旨だ。

ゲルシンガーCEOは同じ基調講演で、車載用半導体の(獲得可能な最大の)市場規模が今後10年間で1150億ドル(約12兆6500億円)へと倍増し、半導体市場全体の11%を占めるようになるとも発言している。

だとすれば、3月に発生したルネサスエレクトロニクスの工場火災や、新型コロナ感染拡大によるマレーシアの(半導体加工)工場閉鎖という短期的な要因が解消されても、需給の目覚ましい改善は期待できないと考えるのが自然だ。

【ポイント2】需要増に対応するため、欧州に新工場建設。受託生産機能も強化

足もとの半導体不足がいつまで続くかはともかく、上記のように長期的な需要の伸びを予測するインテルは、生産能力の強化に一段と注力する模様だ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular