無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか

ゾンビ飼育員

アーティスト・草野絵美さんの長男「Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)」くん。

画像:取材者提供

小学3年生の、通称「Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)」くんが生まれてはじめて自分で稼いだお金は、仮想通貨(暗号資産)「イーサリアム」だった。

しかもそれは、夏休みの自由研究でつくったピクセルアートを売って得たお金だった。そのアートは今、約80万円の価格で取引されている ── 。

一体なにが起こったのか?

小3の夏休みの自由研究に「NFTアート」

ピクセルアート

最初は無料のアプリでドット絵を作り始めた。

画像:取材者提供

「ママ、これ僕もやってみたい!」

都内で働く草野絵美さんの長男(8)が目を輝かせてそう言いだしたのは、夏休みも終わりかけの、8月下旬のことだった。

NFT(※)のブームが盛り上がりを見せる中、あるニュースに長男が思いもかけない反応を見せたのだ。

NFT:Non-Fungible Token(非代替性トークン)。ブロックチェーン技術を使ったデジタル資産の一種。画像や音声など特定のデータを、唯一無二のものとして証明できる。

12歳の少年が「おかしなクジラたち(Weird Whales)」と名づけた自作のNFTコレクションを売り、約110イーサ(ETH、約4000万円)を稼ぎ出した ── 。

母親である絵美さんも、東京藝術大学の非常勤講師であり、テクノポップ音楽ユニット「Satellite Young(サテライトヤング)」のメンバーとしても活動しているアーティスト。以前からNFTには興味を持っていた。

2021年2月頃に、仲間たちの間でもNFTについて頻繁に話題に上がるように。絵美さん自身、作品をアーティスト向けのNFTマーケットプレイス「Foundation(ファウンデーション)」に出品してみたこともある。その作品は、870ドル(約9万円)ほどで売れた。

「じゃあ、夏休みの自由研究としてやってみる?」

まずはドット絵が描ける無料のアプリをiPadにダウンロード。大好きなマインクラフトのゾンビと、図鑑や絵本で知った虫や動物たちの絵を掛け合わせてピクセルアートを描くことにした。

その日のうちに絵美さんは、NFTの売買ができる取引所(マーケットプレイス)世界最大手「OpenSea(オープンシー)」のアカウントを開設。英語で発信するためのインスタグラムやツイッターのアカウントも作成した。

そして「0.006イーサ(ETH、当時の値段で約2300円)」ほどで最初の作品3枚を売り出した。8月25日のことだった。

有名DJがツイッターのアイコンに

ゾンビ飼育員

「最初に売れた時が一番嬉しそうでした」(絵美さん)

画像:取材者提供

とはいえ、最初の1週間ほどは「無反応」だったという。

最初に「Zombie Zoo」のドット絵が売れたのは、そこから1週間ほど経った9月2日。買ってくれたのは、ドット絵イラストを多く手がけるイラストレーターの「たかくらかずき」さんだった。その額は2300円ほど。

すごい、ポケモンカードが何パック買えるんだろう!

「ゾンビ飼育員」くんは飛び上がって喜んだ。

そこから一気に「Zombie Zoo」は世界に知れ渡っていくようになる。

何人かの人がおもしろがってアートを買ってくれた後、アメリカの人気シンガー、ケイティ・ペリーともコラボしたこともあるDJで、300万人フォロワーを誇るバーチャルインフルエンサー「リル・ミケーラ(Lil Miquela)」のプロデューサーでもある「Trevor McFedries」さんが購入してくれたのだ。

「We love @ZombieZooArt」

Trevorさんが拡散したことで、落札数は一気に増えた。彼ら・彼女らがこぞってZombie Zooのイラストをツイッターなどのアイコンにしたことで、さらにZombie Zooの人気も高まった。

小学生が描いた絵が80万円で落札

DSC07314

NFTマーケットプレイス「OpenSea」の「Zombie Zoo Art」ページ。最高で2ETH(約80万円)で落札されている。

撮影:西山里緒

NFTが特徴的なのは、転売の仕組みだ。OpenSeaでは、自分が購入したアート作品を二次販売(転売)することができる。

さらにその作品が売買された時には、作者は販売額の一定の割合を手数料(ロイヤリティ)として受け取ることができる。

9月9日現在、二次流通市場で「Zombie Zoo」の作品は最高で18ETH(約700万円)で出品されている。絵美さんによると、最高で2ETH(約80万円)で絵が落札されたこともあったという。

「8歳が描いているというのがめずらしかったのと、2000円程度のものが(転売することで)一気に価格が上がる、という現象も起こっていました。それを目指して買っている人もいると思います」(絵美さん)

絵美さんは当初、ロイヤリティを初期設定の2.5%にしていたものの、現在は10%に上げている。

「この3日間は出したら、1分以内に売れてしまっている状態で……。最初の価格も低すぎてすぐ落札されてしまって買えない、とのDMをもらって、今は1万〜3万円ほどに上げています」

OpenSeaのアカウントを見てみると、9月9日現在、Zombie Zooが出品しているアート全48点の合計の取引高は9.9ETH(約380万円)にまで膨れ上がっている。

しかしこの全てが収益になるわけではない。イーサリアムの取引が追跡できるサイト「イーサスキャン(ETHSCAN)」で「ZombieZooKeeper」のアドレスを見てみると、一時販売や二次販売手数料を含め、売り上げとして入ってきているのは、2.3ETH(約80万円)ほどだ。

お金が多すぎたら、人生変わってしまう

ゾンビ飼育員

アートを売って得たお金でポケモンカードを買いたい、と語ってくれた「ゾンビ飼育員」くん。

画像:取材者提供

小学3年生の夏休みの自由研究から始まった思いがけない「NFT狂想曲」。

ブロックチェーン調査企業の「Dune Analytics」によると、8月のOpenSeaの月間取引高は34億ドル(約3700億円)を突破。8月29日には1日の最高である3億2200万ドル(約350億円)の取引高を記録したという。

NFTブームの影の立役者の一人となった小学3年生の「ゾンビ飼育員」くん。本人にも話を聞いてみると、

「最初売れた時は嬉しかったんですが、だんだんお金が溜まりすぎて、それでいいのかなあって。あんまりお金が多すぎたら、人生が変わってしまいそうで」

と、意外にも冷静な返事が返ってきた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

cop26

COP26「脱炭素」と原発推進の不都合な現実…ヨーロッパ主要国が急進する理由は「電源構成」でわかる

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Dec. 07, 2021, 12:00 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み