無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


バイデン政権、新しいコロナ対策を発表…マスク着用義務を強化、罰金を倍増へ

ある航空会社の客室乗務員は乗客の暴力に対抗するため、7月から護身術の訓練を受けている。

ある航空会社の客室乗務員は乗客の暴力に対抗するため、7月から護身術の訓練を受けている。

Getty Images

  • 9月9日に発表されたバイデン政権のコロナ対策は、マスク着用義務に違反した旅行者の罰金を2倍にした。
  • 繰り返し違反した場合、最高で3000ドルが科せられる。
  • マスクをめぐる衝突は、飛行機での手に負えない乗客の苦情の75%以上を占めている。

アメリカのバイデン大統領が2021年9月9日に発表したCOVID-19アクションプランでは、航空機や一部の公共交通機関を対象としたアメリカ運輸保安庁(TSA)のマスク着用義務に違反した旅行者への罰金が倍増する。

現在、マスク着用義務に違反した旅行者への罰金は、250ドルから始まり、繰り返し違反した場合は1500ドルまでの罰金が科せられる。新しいガイドラインでは、最低額が500ドル、最高額が3000ドルに引き上げられた。

アメリカ連邦航空局(FAA)は2021年1月以降、手に負えない乗客に対して68万2000ドル以上の罰金を科している。

マスクをめぐる衝突は、手に負えない乗客の苦情の75%以上を占めており、客室乗務員は「前例のないほどの暴力」による脅威を訴えていると、Insiderは7月に報じた。

FAAは、2021年に入ってから3271件の手に負えない乗客の報告を受けている。そのうちおよそ2475件は、連邦政府のマスク着用義務に逆らう乗客によるものだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular