無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


あなたの感情や属性を読み取るタブレット広告がタクシーに登場。プライバシー保護への懸念はどうなる?

顔検出技術

タクシーの後部座敷に設置されたアルフィの顔検出タブレット。

Alfi

ヨーロッパの一部の地域やアメリカでタクシーに乗ると、あなたの感情が読み取られていることに気づくかもしれない。

米大手配車サービスのウーバー(Uber)、リフト(Lyft)、イギリスのベルファストの大手タクシー会社、バリュー・キャブス(Value Cabs)の後部座席に広告タブレットが設置された。このタブレットは、インタラクティブ(双方向性型)ゲームができたり、観光案内や映画の予告編、広告などが流れ、すべてに対する乗客の反応をモニタリングしている。

その技術を開発した米フロリダ州に拠点を置くアルフィ(Alfi)によると、アルフィの端末や広告掲示板は、コンピュータービジョン(物体を識別し、ビジュアル情報を解釈する技術)と機械学習を使い、感情を表す目の周りなどの「顔のわず僅かな動き」を読み取っている。

個人の識別にはつながらないものの、年齢や性別、感情を推定できる。広告主はリアルタイムで端末からデータを受け取り、乗客の反応に応じて表示コンテンツを切り替えられる仕組みだ。タブレット画面では乗客からポジティブな反応があるまで、広告が繰り返し流されるという。

テックメディアのマザーボード(Motherboard)によると、まず、米フロリダ州のウーバーとリフトの車両1万台にこれらのタブレットが搭載され始めている。ベルファストのバリュー・キャブスも自社が保有するタクシー800台すべてに配備すると発表した。また空港や商業施設では、アルフィの技術がすでに活用されている。

ウーバーとリフトが以前ブルームバーグに語ったところによると、2社はアルフィと直接取引はしておらず、個人的にタブレットを設置したドライバーに対し、プライバシー保護法を順守するよう求めていた。アルフィはドライバーと直接契約を交わし、タクシーの乗客が広告に反応すると、ドライバーは1カ月で最大350ドル稼げるという。

顔検出は顔認証とは異なり、規制はグレーゾーン

アルフィが使用しているのは顔検出(facial detection)技術だ。顔を見分けられるが、識別はしない。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

Popular