無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ゲイツとベゾスが支援するスタートアップ、豪州でEV用の金属探査を開始

Amazon's Jeff Bezos, Microsoft's Bill Gates, and Tesla's Elon Musk.

左からアマゾンのジェフ・ベゾス、マイクロソフトのビル・ゲイツ、テスラのイーロン・マスク。

Susan Walsh/AP; Joshua Roberts/Reuters; Axel Schmidt/Getty Images

  • ジェフ・ベゾスとビル・ゲイツは、鉱物探査のスタートアップ企業、コボルド・メタルズに出資している。
  • コボルドのハウスCEOは、鉱業会社のBHPと新たな提携によって、電気自動車で使われる金属を探すことになるだろうとInsiderに語った。
  • ハウスCEOによると、最終的にはテスラ車用の金属を調達するようになるという。

ビル・ゲイツ(Bill Gates)やジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)が支援するAIスタートアップ企業が世界第2位の鉱業グループと提携し、電気自動車に使う金属を探している。

コボルド・メタルズ(KoBold Metals)と世界最大の鉱業会社BHPグループはリチウム、ニッケル、コバルト、銅の探査をオーストラリアで共同で行うと、コボルドのカート・ハウス(Kurt House)CEOがInsiderのインタビューで語った。

コボルドとBHPは3年間の提携を結び、テスラ(Tesla)車用のニッケルを調達することになるだろうとハウスCEOは話している。2021年7月、BHPはテスラ車のバッテリー用にニッケルを供給する契約を結んだ。

ハウスCEOは「我々がニッケルやコバルトを発見できれば、最終的にテスラとBHPの契約の一部に貢献する可能性は非常に高い。将来的には容易に貢献することができるようになるだろう」と話した。

「テスラがすばらしいことは間違いない。電気自動車(EV)のマーケットリーダーだ」とハウスは言い、コボルドの目標は、電気自動車(EV)業界全体を救うことだと付け加えた。

シリコンバレーに拠点を置く民間の鉱物探査会社コボルドは、AIを駆使してEVに使う原料をどこで採掘すればよいかというデータを収集している。

ハウスCEOは、同社がこのプロジェクトに費やす金額の具体的な数字は示さなかったが、今後2年間で数千万ドル(数十億円)を投じることになるだろうと述べた。

同CEOによるとこの探査はオーストラリア西部で開始される予定で、50万平方キロメートルという広範な土地をカバーするという。

両社がオーストラリアを選んだ理由は、EVに必要な原料が豊富にあること、また労働基準や環境基準が高いことなどが挙げられるとハウスCEOは述べている。「我々が発見したものは、倫理的かつ環境的に健全な方法で開発されることが保証されている」と彼は述べた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み