無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


いい人過ぎる? キアヌ・リーブス、心温まる13のエピソード

キアヌ・リーブス

Jordan Strauss/Invision/AP

  • キアヌ・リーブスはベテラン俳優というだけでなく、ものすごくいい人としても知られている。
  • 小児病院にひそかに多額の寄付をするなど、その優しさを示すエピソードには事欠かない。

イベントに登場したリーブスは観客の熱狂ぶりに圧倒され、「息をのむほど素晴らしい」と応じた。

キアヌ・リーブス

ゲーム見本市「E3」に登場したキアヌ・リーブス(2019年6月9日、ロサンゼルス)。

Christian Petersen/Getty Images

2019年6月に開催されたゲーム見本市「E3(Electronic Entertainment Expo)」 に登場したリーブスの動画は当時、その観客に対する心温まる対応で大きな話題となった。

ステージを歩いてきたリーブスに、あるファンが「あなたは息をのむほど素晴らしい!」と大きな声で叫ぶと、リーブスは「君たちは息をのむほど素晴らしい」「君たちは皆、息をのむほど素晴らしい」と観客に向かって答えて、人々の心をつかんだ。

もちろん、このやりとりはすぐにネット上で大きな話題となり、リーブスに関するミームや投稿が相次いだ。


撮影現場に向かう途中で目にしたファンの手作りのボードにサインをしたことも。

記念撮影に応じるキアヌ・リーブス

Kevin Winter/Getty Images

2019年7月には、撮影現場に向かう途中で目にしたファンの手作りのボードにサインしたことが分かり、人々の心を和ませた。

この時、リーブスは『ビルとテッドの大冒険』シリーズの3作目となる『ビルとテッドの時空旅行音楽で世界を救え!』 の撮影の真っただ中で、ボードには「あなたは息をのむほど素晴らしい!」 —— これは2019年の「E3」にリーブスが登場した時の言葉だ —— と書かれていたという。

映画の脚本を担当したエド・ソロモンが当時の詳細をツイッターで報告し、リーブスが手作りのボードにサインするために、撮影現場へ向かう途中で「車から飛び降りた」と投稿した。

リーブスはもともと書かれていたメッセージの下に「あなたは息をのむほど素晴らしい」と書き、自らのサインを添えた。


写真撮影の時には、常に女性への敬意を忘れない。リーブスは女性の腰に触れず、しばしば手を浮かせている。

キアヌ・リーブス

映画『マッドタウン』(2016年)で共演したスキ・ウォーターハウスと。

Todd Williamson/Getty Images

2019年6月、ツイッター上ではファンが、リーブスが写真撮影のためにポーズを取る際に女性の腰を抱いていないことに気付いた。ファンたちはリーブスが払う女性への敬意を称賛し、その振る舞いは大きな話題となった。

人々はリーブスを「礼儀正しさの王」と呼び、その「気遣いと礼儀正しさ」を称賛した。


混雑しているニューヨークの地下鉄で、大きな荷物を持った女性に席を譲ったことも。

キアヌ・リーブス

Christopher Jue/Getty Images

リーブスは2015年、重そうな荷物を持った乗客に地下鉄で快く席を譲ったところを撮影され、話題になった。


若いファンにサインをしてあげるためだけに、アイスクリームを買ってレシートを手に入れたこともあった。

キアヌ・リーブス

Getty Images / Jason Merritt

2019年5月にシェアされた、リーブスと若いファンの心温まるストーリーも大きな話題となった。

SBNation.comのライター兼プロデューサーのジェームズ・デイター(James Dator)氏はツイッターで、映画館で働いていた10代の頃の自身の体験を明かしている。デイター氏は大好きなリーブスにサインをもらおうとしたが、うまいかなかった。ところが、だ。

「2分後、チケット売り場に続くぼくの後ろにあったドアからノックが聞こえたんだ。上司だろうと思ったら、キアヌだった」とデイター氏はツイートした。

「ぼくのサインが欲しかったんじゃないかと思って」とリーブスが口にしたのをデイター氏は覚えている。

「『だから、これにサインしたよ』と言って、彼は裏にサインした売店のレシートをぼくに手渡してくれたんだ。その後、彼は何気なくアイスクリームを処分して、映画を観ていた」


乗っていた飛行機が緊急着陸すると、リーブスは他の搭乗客と一緒に車で移動した。

キアヌ・リーブス

Jason Merritt/Getty Images

2019年3月、リーブスも乗っていたロサンゼルス行きの飛行機が緊急着陸を余儀なくされた —— それでもリーブスは同じ飛行機に乗っていた人々との記念撮影に快く応じ続けた。

さらに、目的地であるロサンゼルスまでの移動を全員にとって快適なものにしようと、リーブスはその道中、カリフォルニア州にまつわるちょっとしたトリビアで人々を楽しませたり、携帯電話からカントリー音楽を流したりした。


テーブルの上でポーズを取ったことで、『トイ・ストーリー4』の役を確保した?

キアヌ・リーブス

Richard Shotwell/Invision/AP

『トイ・ストーリー4』(2019年)に向けたピクサーのプロデューサーらとのミーティングの途中で、リーブスは新しいキャラクター「デューク・カブーン」の理解を深めるために、テーブルの上にのぼってみることにした。

リーブスは最初から、映画の重役に強い印象を与えていたが、この"ランチタイム・ショー"が決め手となった。

「(リーブスは)アトリウムの真ん中でテーブルにのぼって、ポーズを決めたんだ」とプロデューサーのマーク・ニールセン(Mark Nielsen)氏はHollywood Reporterに語った。

「あれこそデューク・カブーンだ!とぼくたちは思った」


心温まるインタビューの中で、リーブスは『スピード』で共演したサンドラ・ブロックに恋をしていたと明かした。

キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック

『スピード』より。

Twentieth Century Fox

サンドラ・ブロックが『スピード』で共演したリーブスに恋をしていたと2018年に明かした後、リーブスも2019年5月、2人は"両想い"だったと認めた

「彼女も明らかに、ぼくが彼女に恋をしていたことに気付いてなかった」とリーブスはエレン・デジェネレスに語った

リーブスは、2人がデートをしなかったのは仕事をしていたからだと話し、ブロックを称賛するばかりだった。

「仕事に行くのが楽しみだった」とブロックとの撮影を振り返り、「彼女はものすごく素晴らしい人間で、素晴らしい女優だ」と語った。


小児病院にひそかに多額の寄付をしている。

キアヌ・リーブス

Evan Agostini/Invision/AP

リーブスは小児病院やがん研究にも寄付をしている。

病気の子どもたちを助けることを目的とした独自の慈善財団を運営しているとリーブスは報じられているが、財団の名前は明らかになっていない。

「ぼくは5、6年前から財団を運営していて、いくつかの小児病院とがん研究を支援しています」とリーブスは2009年に『Ladies Home Journal』に語っている

「財団に自分の名前は付けたくないんです。財団にはやることをやらせているだけです」


自身の名声に浮かれず、うっとりするほど謙虚

キアヌ・リーブス

Netflix

世界的に有名な俳優ではあっても、リーブスは自分のことを深刻に考え過ぎない。『トイ・ストーリー4』のキャラクターの声であろうが、2019年のNetflixのラブコメ『いつかはマイ・ベイビー』 で演じた誇張された本人役であろうと、リーブスは楽しむことに前向きだ。

そして、うっとりするほど謙虚でもある。2019年6月、自身が「オンラインの恋人」と呼ばれていることについてどう感じているか尋ねられると、リーブスはたじたじとなった。

「それはびっくりだな」とリーブスはEntertainment WeeklyとPeople TVに語り、「その前向きさは良いことだ」と付け加えた。その上で『いつかはマイ・ベイビー』で共演した、自身よりも知名度の低いアリ・ウォンやランドール・パークを称賛することに時間を使った。


死や死後の世界について尋ねられると、リーブスは正直かつ心を打つ答えを返した。

キアヌ・リーブス

CBS

2019年5月、トーク番組『The Late Show With Stephen Colbert』に出演したリーブスは、わたしたちが死んだ時に何が起こると思うか尋ねられた。

「わたしたちを愛している人たちが、わたしたちを恋しく思うだろうということは分かっています」とリーブスは正直に答え尋ねた司会者とファンをうならせた


彼らとの激しいリハーサルの後、リーブスは『ジョン・ウィック』の才能豊かなスタントマン2人が劇中で殺されてしまうのを嫌がった。

キアヌ・リーブス

Lionsgate

映画批評家のハンナ・イネス・フリント(Hanna Ines Flint)氏は2019年8月、リーブスとのインタビューで、リーブスが『ジョン・ウィック:パラベラム』で共演した武道家のセセプ・アリフ・ラーマン(Cecep Arif Rahman)とヤヤン・ルヒアン(Yayan Ruhian)にものすごく感心し、2人が劇中で殺されてほしくなかったと話したことをツイッターでシェアした


自分の出演料がカットされることで才能ある俳優らが作品に参加できるというなら、リーブスは全く気にしなかった。『マトリックス』の撮影中には、スタントマンにバイクをプレゼントしたことも。

キアヌ・リーブス

Getty

『マトリックス』の続編である『マトリックス リローデッド』と『マトリックス レボリューションズ』のリーブスの契約には、大幅な出演料のカットが含まれていた。そうすることで、映画の衣装や特殊効果に使える予算が増えた。

『ディアボロス/悪魔の扉』(1997年)への出演が決まった後、リーブスは予算の問題でアル・パチーノが作品に参加できないことを知った。すると、パチーノとの共演を強く望んでいたリーブスは、大幅な出演料の減額を受け入れた

リーブスの気前の良さが垣間見えた瞬間は、数多くあった。その中でも特に有名なのが『マトリックス』の撮影中、リーブスが感謝の気持ちを伝えるために、12人のスタントマンにハーレーダビッドソンのバイクをプレゼントしたというものだ。

「この映画を作るにあたってぼくを助けてくれた彼ら全員にちょっと大きめの"ありがとう"を届けたかっただけなんだ」とリーブスは話した

[原文:13 times Keanu Reeves was the greatest person ever

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み