無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


比較:「iPhone 13 Pro/Pro Max」がiPhone 12世代機から進化したのはどこか

iPhone 13 Pro

アップルはiPhone 13 Proシリーズを発表。Pro/Pro Max共に4色展開。

出典:アップル

アップルは9月14日(現地時間)、新型プロ向けスマートフォン「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」を発表した。

日本では9月17日午後9時から予約開始、9月24日に発売予定。アップル直販サイトのほか、通信事業者では、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアが取り扱う見込み。

日本における直販価格とストレージ容量の組み合わせは以下の通り。

  • iPhone 13 Pro 128GB……12万2800円(税込)
  • iPhone 13 Pro 256GB……13万4800円(税込)
  • iPhone 13 Pro 512GB……15万8800円(税込)
  • iPhone 13 Pro 1TB……18万2800円(税込)
  • iPhone 13 Pro Max 128GB……13万4800円(税込)
  • iPhone 13 Pro Max 256GB……14万6800円(税込)
  • iPhone 13 Pro Max 512GB……17万800円(税込)
  • iPhone 13 Pro Max 1TB……19万4800円(税込)

チップセット刷新のマイナーバージョンアップ

スペック比較

iPhone 12 Proシリーズと13 Proシリーズを比較(クリックすると大きく表示)。

作成:Business Insider Japan

スペック面だけ見ると、iPhone 13 Pro/Pro MaxとiPhone 12 Pro/Pro Maxの差は、CPUの世代=パフォーマンスの違い以外はほとんどない。

大きさは新旧Pro/Pro Maxで比べると変わらないが、重量は両者ともに増加している。特にiPhone 13 Proは全世代比で+16g、本体重量200gを超えている。

また、バッテリーの持続時間が伸びており、連続ビデオ再生時間(オフライン)は12 Pro/13 Proを比較すると5〜8時間ほど長くなっている。

13 Pro/Pro Maxはディスプレイとカメラが進化ポイント

ProMotionテクノロジー

表示しているコンテンツやタッチ操作に応じて、フレキシブルに画面描画速度が変わる。

出典:アップル

スペックの違いはあまりないが、スペックの値になりづらい点での進化ポイントはある。

まず、ディスプレイだ。13 Pro/Pro Maxのディスプレイは12 Pro/Pro Maxと同じサイズ・解像度だが、画面のリフレッシュレート(描画スピード)が表示中のコンテンツに応じて10Hz〜120Hzで可変する「ProMotionテクノロジー」を搭載。

iPhone 12 Pro/Pro Maxのリフレッシュレートは60Hzだった。もっとも、最新のAndroidの高価格スマホではすでに120Hz、製品によってはさらに倍の240Hzに対応している場合もあり、iPhoneもやや追いついた形になる。

iPhone 13 Proのカメラ

iPhone 13 Pro/Pro Maxのカメラスペック。

出典:アップル

次に見るべきポイントは「背面カメラ」とその撮影機能だ。背面カメラはProシリーズの代名詞的な特徴を備えている。

静止画撮影においては、マクロ(接写)撮影と全てのレンズでのナイト(夜間)モード撮影に対応。マクロ撮影は、最短2cmまで被写体に近づくことができ、草花の表面の質感などを捉えられる。

動画撮影においては、新たにシネマティックモードと最大4K・30fpsのProRes撮影に対応した。

実際にiPhone 13シリーズのシネマティックモードで撮影された映像。

出典:アップル

シネマティックモードはiPhone 13/13 miniでも利用できるが、いわゆる「ピント送り」をAIが自動で行う機能だ。iPhoneが人間の向いている方向や被写体がフレームインするタイミングを識別して、リアルタイムにフォーカス位置が変わる。

ProRes撮影については、プロ向けの動画コーデック(符号化・圧縮方式)で、アップルの動画制作ツール「Final Cut Pro」などでより柔軟な編集が可能となる。

ただし、ProRes撮影機能についてアップルは「年末までに」リリースするとしており、iPhone 13 Pro/13 Pro Max発売時点では利用できない点は注意だ。

iPhone 13世代ではProとPro Maxのカメラ性能差がなくなる

カメラ比較

iPhone 12 ProとPro Max、そしてiPhone 13 Pro/Pro Maxではカメラの構成やズーム性能などが異なる(クリックすると大きく表示)。

作成:Business Insider Japan

もう1つ、13 Pro/13 Pro Maxを語る上で留意しておきたい点は、12 Pro/12 Pro Maxと違ってProとPro Maxの機能差がほとんどなくなっているということだ。

iPhone 12 Pro/Pro Maxでは画面サイズやバッテリー駆動時間のほかに、カメラのセンサーサイズやレンズ、センサーシフト光学手ブレ補正機能の有無に違いがあった

しかし、iPhone 13 Pro/Pro Maxではその違いが埋められている。

例えば、12 Pro/Pro Maxでは「より強力な光学式手ブレ補正が欲しいので、大きな画面のPro Maxを選ぶ」ような人もいた。

一方で、13 Pro/Pro Maxではカメラ・レンズなどの構成は全く同じになった。ProかPro Maxかは、単純に予算や画面サイズ、バッテリー駆動時間の差で選べるようになった。

(文・小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

cop26

COP26「脱炭素」と原発推進の不都合な現実…ヨーロッパ主要国が急進する理由は「電源構成」でわかる

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Dec. 07, 2021, 12:00 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み