無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


リモートワークで増えた540時間もの「可処分時間」。時間を浪費せず自己投資に充てるための2つの方法

サムネ

撮影:今村拓馬

コロナ禍で通勤や会食が減り、以前よりも自分で好きなことに使える可処分時間が増えているのではないでしょうか?

今回はこの「可処分時間」をキーワードに、可処分時間を新たな成長機会につなげる方法について考えていきます。

540時間をどう使う?

ではまず、実際にどれくらいの可処分時間が生まれているのかを把握していきましょう。

総務省統計局が5年ごとに実施している社会生活基本調査によると、日本の平均通勤時間は「片道39分」。往復で1時間19分(2016年調査、全国平均)。

これを完全にリモートワークに切り替えたとすると、月20日通勤するとして、およそ26時間の節約。週1度は出社するハイブリッド・ワークでも21時間の節約になります。

私たちはこれだけの可処分時間を獲得しました。加えて、クライアント先を訪問する移動時間もなくなったわけですから、少なく見積もったとしても月に30時間は自由に使える時間を新たに手に入れたことになります。

それでは、コロナ禍で生活が一変してからのこの1年半を振り返ってみましょう。

1年半ということは、可処分時間の累計は30時間×18カ月=540時間にもなります。これだけの時間を、あなたはどんなことに使ってきましたか?

例えば大学の講義で考えてみると、1科目90分×15回=18時間で専門知識を習得する構成です。つまり、540時間とは30科目分を学べる時間に相当するわけですね。

可処分時間というのは不思議なもので、意識的に行動に移し、継続していかない限り、ただ時間を空費して終わってしまうのです。

私も反省があります。この1年半、意識的に新しい分野のインプットに取り組めていないのです。ですから今日から、皆さんと一緒に私自身の行動も変えていこうと思います。

2つのアプローチで可処分時間を成長機会に

ポイントは、可処分時間を浪費するのではなく、自己投資に充てること。気の知れた友人や同僚と過ごす時間は居心地がいいものですが、その「コンフォートゾーン」を抜け出していかないと新たな成長はありません。

すでにあなたが知っている分野や知識については、情報として認知する「カラーバス効果」が働くため、自然とインプットをしていくはずです。しかし、知らないことについてはどうでしょうか?

SNSのアルゴリズムは、私たちがすでに関心がある事柄や検索した情報を優先的に表示する仕組みになっています。つまり、私たちが相当意識的に取り組まない限り、あなたが目にする情報は「世界のほんの一部」を切り取ったものでしかありません。ここに自覚的でなければなりません。

ではどうしたらいいのか。やり方は2つあります。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み