無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


iPhone 13 Proは「プロらしい機種」になれたか…価格設定と仕様に見る、アップルの思惑

iphone13pro01

出典:アップル/公式PV「Introducing iPhone 13 Pro」

9月15日未明に発表された、アップルの「iPhone 13シリーズ」が話題だ。

2020年に登場したiPhone 12シリーズは、iPhone初の5Gに対応し、デザインも一新されるなど、かなりのバージョンアップであったが、2021年はどちらかと言えばマイナーチェンジにとどまった感がある。

過去を振り返ってみると、iPhoneは2年に1回の周期で大きな進化を遂げていることが多く、2021年は「小休止」の年と言えなくもない。「iPhone 13」というよりも、「iPhone 12s」と言ってくれた方がシックリくる内容だった。

あえて「値下げモデル」という選択肢

iPhone 13 ProとiPhone 12の新価格

iPhone 13 Proと新価格ラインナップ。iPhone 12のスタンダードモデルについては、価格が変更され、しばらく併売になる。これは見ようによってはかなり「お買い得」だ。

出典:アップル

2021年もラインナップとしては、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxの4モデル展開となる。

iPhone 13と13 miniは背面カメラが2つ、13 Proと13 Pro Maxの背面カメラは3つと、これまでも従来通りだ。

おそらく、一般的なiPhoneユーザーであれば、iPhone 13と iPhone 13 miniを選んでおけば間違いない(本体サイズは違うは、性能はカメラにいたるまで同じだ)。

今回、iPhone 12、iPhone 12 miniと比べてカメラ周りが進化し、画面上部のカメラの切り欠き(ノッチと呼ばれている)が小さくなったというのが、見た目にわかりやすい変化のポイントだ。

それこそ、カメラ性能はそこそこでよく、「今、持っているiPhoneが古くて充電が持たない」という消極的な理由で買い換え検討しているのであれば、型落ちになって、1万円程度、値下げされたiPhone 12、iPhone 12 miniあたりを購入するのが、賢い買い方といえるだろう。

「プロ」に振り切ったiPhone 13 Proの立ち位置

iPhone 13 ProとiPhone 12 Pro/Pro Maxの性能比較

iPhone 12 Proシリーズと13 Proシリーズを比較。順当な性能アップだが、バッテリーの強化は実用性としてはかなり大きい。カメラ強化もあってか、高価にもなっている。

作成:Business Insider Japan

一方で、「アップル製品が好き」というファン、「肩書きはYouTuber」「写真や動画でご飯を食べている」「SNSで目立ちたい」「ゲームで負けたくない」「手持ちの資金に余裕がある」と言う人はiPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxを選ぶべき人だ。

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxには13/13 miniにはない望遠カメラがついており、光学3倍ズームが可能となっている。

さらにナイトモードでのポートレートや暗い場所でのオートフォーカスなどに効いてくるLiDARスキャナが載っている。暗めのシーンでの撮影が多いという人にはマストな仕様と言える。

また、動画関連では最大4K/30fpsの「ProResビデオ撮影」が可能だ(128GBモデルでは1080p/30fpsまで、2021年秋に登場予定)。

ip13-3-1

iPhone 13 Proがウリとする高品質なカメラ機能。

出典:アップル

ProResとは限りなく忠実に再現される色(と、その代償の低い圧縮率=ファイルサイズが大きい)が特徴で、

静止画のデジタルカメラでいう「RAW撮影」のようなものだ。情報量の多さが特徴で、放送クオリティーのコンテンツをつくれるフォーマットになっている。

撮影した素材の「質」にこだわるような、動画配信をしている人には気になる機能なのではないか。

アップルは近年、iPhoneのProシリーズが「プロの現場での撮影に耐える」性能があることをさかんにアピールしている。今回も、下記のような著名映画監督のキャスリン・ビグロー氏をPVに起用して、iPhoneだからこその映像表現ができる、と示した。

ProResビデオ撮影ができるようになることで、YouTuberのみならず、プロの映像現場でもいままで以上にiPhoneが使われる可能性はある(少なくとも、アップルはそうしていきたいと考えている)。

ip13zuhan2-1

前世代とカメラ性能部分を比較。ProとPro MaxのカメラはiPhone 13世代では共通性能になった。

作成:Business Insider Japan

iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxでは、今回から1TBという容量が追加された。iPhoneでiCloud連携させていると、なかなか本体の容量が足りなくなることはないのだが、ファイルサイズが巨大になるProResを多用するプロユースを意識すると、容量も1TBが必要になってくるのだろう(アップルの本心としても、iPhone 13 Pro Max、1TBで19万4800円とかなり“儲かる”商材にしたかったのかも知れないが)。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み