無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


クリスマスツリーは25%値上がり…世界的なサプライチェーンの混乱は続く

woman and Christmas trees

Loren Elliott/Reuters

  • 2021年、人工樹木のクリスマスツリーの価格が最大25%上昇する可能性があるとウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。
  • 物流の危機が続き、輸送コストが急上昇しているのが価格高騰の原因だ。
  • ここ最近は、2008年の不況やパンデミックの影響で生木のツリーも不足している。

2021年の人工のクリスマスツリーは、25%以上高い値段になることを覚悟したほうがいい。

人工ツリーをはじめとするクリスマスの装飾品を製造する企業は世界的なサプライチェーンの混乱の影響を受けている。港が混雑しているため製品の配送が遅れ、輸送コストの高騰で小売店も価格を引き上げざるを得ないとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は報じている

ツリーやリース、花飾りなどを販売するバルサム・ヒル(Balsam Hill)は約20%の値上げをしている。2020年に899ドル(約9万8500円)だった7.2フィート(約2.2メートル)のツリーは、2021年は100ドル(約1万1000円)値上げし、300ドル(約3万3000円)だった4.2フィート(約1.3メートル)のツリーは499ドル(約5万4600円)にすると同社CEOのマック・ハーマン(Mac Harman)はWSJに語っている。

バルサム・ヒルは、アメリカへの輸送コストが2021年は前年比で4倍になると予想している。同社のハーマンCEOは、「我々の歴史の中でこれほどの値上げはしたことはなく、収益も大幅に減少するだろう」と語った。

人工樹木を販売するナショナル・ツリー・カンパニー(National Tree Company)のクリス・バトラー(Chris Butler)CEOは、輸入のための「コンテナの奪い合いになっている」とWSJに語っている。ナショナル・ツリー・カンパニーも輸送コストの上昇を考慮して価格を約25%引き上げるという。

「クリスマスプレゼントは今すぐ注文しよう」

人工クリスマスツリーの業界は、サプライチェーンの問題に悩まされている数多くの業界の一つに過ぎない。2020年の人手不足やパンデミックによる業務停止などの要因が重なり、結婚祝いの品からゴルフクラブまで、あらゆるものが品薄状態になっている。

一方、輸送コストの高騰は玩具や家具などの価格に影響を与えている。玩具は低価格なので輸送コストの上昇分を吸収することが難しい。また、家具はかさばるために輸送コンテナの中で場所を取ってしまう。

UPSのスコット・プライス(Scott Price)社長は、物流業界のこのような問題は2022年まで続くと予想しているとAFPに語っている。

「私は冗談半分で、『クリスマスプレゼントは今すぐ注文したほうがいい。そうしないとクリスマスには、翌年の2月か3月まで届かない物の写真しかないかもしれないから』と皆に伝えている」

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み