無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの保健当局、蚊が媒介するウイルス感染症への注意喚起

人の血を吸う蚊。

Shutterstock

  • アメリカでウエストナイル熱に最も感染しやすいは9月だ。今年はすでに、少なくとも9人がウエストナイル熱で死亡している。
  • アリゾナ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、アイダホ州、ニュージャージー州、テキサス州では、それぞれ1人または2人の死亡者が報告されている。
  • 西ナイル熱は、軽症で済むことが多いが、重症の場合は死に至ることもある。

ウエストナイル熱(西ナイル熱)による死亡例が、アメリカの少なくとも6つの州で報告されている。この感染症は、主に蚊がウイルスを媒介し、麻痺や脳の腫れを引き起こす可能性がある。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の2021年9月7日までのデータによると、アリゾナ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、アイダホ州、ニュージャージー州、テキサス州から、それぞれ西ナイル熱に関連した死亡例が1件または2件報告されており、2021年の死亡例は現時点で合計9件となっている。

アメリカ本土の7つの州を除くすべての州で、蚊、動物、あるいは人間などがウエストナイルウイルスに感染したと報告されている。また、29の州では人間への感染、あるいは発症した可能性のあるケースが確認されている。

主に蚊が媒介するウエストナイルウイルスによって起こるウエストナイル熱は、感染しても多くの人は発症しない。感染者の約20%に発熱や、頭痛、体の痛み、嘔吐、下痢、発疹などのインフルエンザのような症状が出る。

しかし、髄膜炎や脳炎のような脳の腫れ、あるいは麻痺など、より重篤な症状も毎年数件報告されている。CDCの集計によると、アメリカでは2021年に少なくとも136件の重篤なケースが発生している(感染が確認されたものとその可能性が高いものを含む)。

全米各州の保健当局は、ウエストナイル熱が発生しやすいシーズンに、警告や感染を防ぐためのアドバイスを発表している。ウエストナイルウイルスに対する治療法やワクチンがないため、感染を避けるには蚊に刺されないようにすることが第一だ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み