無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


スタンフォード大によるAI報告書の警告。「AIがすべての問題を解決できるという思い込み」の危険性

アプリ

コロナ対策のアプリは十分なテストがされていないAIを使ったとして、批判を浴びた。

Reuters/ Vidhyaa Chandramohan

2021年にAIの科学者を悩ませている最大の懸念は、スカイネットのシナリオ(映画『ターミネーター』に出てくる自我を持つAIで、自らを破壊しようとする存在である人類の破壊を目的とする)でも、AIが進化しすぎることでもなく、ハイテク企業が現在の限られたアルゴリズムを複雑な社会問題の応急処置として利用することである。

これは、最近発表されたスタンフォード大学が行っている、AIの進歩に関する研究の第2弾となるレポートに書かれていたことだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular