無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ブリティッシュ・エアウェイズ、「パーフェクト・フライト」でCO2排出量削減をアピール

エアバスA320neo

ブリティッシュ・エアウェイズのエアバスA320neo。

British Airways

  • ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、ヒースロー空港からグラスゴー空港まで、持続可能な航空燃料を使用した「パーフェクト・フライト」のデモンストレーションを行った。
  • これは、2010年の飛行を再現し、11年間でどれだけ二酸化炭素排出量が削減することができたかを示すものだ。
  • 航空業界は、「フライト・シェイミング(温室効果ガス排出量の多い飛行機に乗ることを恥として他の交通機関を利用を推奨する活動)」が広がるにつれて、環境汚染問題への対応を迫られている。

航空業界が環境保護活動家の厳しい目にさらされる中、ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways:BA)は、持続可能なジェット燃料と再生可能エネルギーの使用した「パーフェクト・フライト」への進展を示すデモンストレーションを行った。

2021年9月15日、BA1476便はロンドンのヒースロー空港を出発し、58分をかけてスコットランドのグラスゴー空港に到着した。このデモンストレーションは、石油メジャーの1つ、BPから提供されたSAF(持続可能な航空燃料)を直接的な動力源としたBA初のフライトになった。

今回のデモンストレーションは、2010年に行われたヒースロー空港からエジンバラ空港へのフライトを再現したものだ。当時は燃料節約能力の低い旧型の航空機を使用していたが、11年間の「パーフェクト・フライト」の取り組みへの進捗を示す今回のフライトでは、二酸化炭素排出量が2010年に比べて62%減少したことを実証できた。

グラスゴーへの短いフライトは、エアバス(Airbus)との提携で特別に塗装されたエアバスA320neoで行われた。塗装のデザインは、二酸化炭素排出量の削減を目的としたBAの「Better World」プログラムを象徴するものだ。この機体は、BAが保有する短距離用ジェット機の中で最も静かで燃費がよく、旧世代の機体に比べて二酸化炭素排出量を20%削減しているという。

ヒースロー空港は、BAの「パーフェクト・フライト」を支援するために、機体を牽引・運搬するためのMototok社の電動車両に100%再生可能エネルギーを使用している。ヒースロー空港のジョン・ホランド=ケイ(John Holland-Kaye)CEOによると、同空港は2017年から100%再生可能エネルギーを購入しており、700万ポンド(約10億円)を投じて空港内に電気自動車の充電ポートを設置し、小型車両の90%を電気自動車に変えているという。

BAによると、今回の歴史的フライトのために、燃料を節約するためのさまざまな技術を実践したという。例えば、片方のエンジンでのタクシーング(航空機の地上走行)や、上昇速度の事前プログラミング、航空ナビゲーションサービスプロバイダーのNATSと協力してヒースロー空港からグラスゴー空港までの上昇と下降を連続的に維持して水平を保つようにするといったことだ。

BAの「パーフェクト・フライト」は、気候危機と「航空業界が環境に深刻な影響を与えている」と主張する活動家からの反発の両方に対応するものだ。2019年以降、航空会社は、持続可能性を促進するためにオペレーションの変更を行うようプレッシャーをかける「フライト・シェイミング」運動と戦っている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み