無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「生物多様性は地球のインフラ」リアルポケモン図鑑で生態系保全をビジネスに

↩︎記事に戻る
< 2 / 8 >

アプリ

アプリで生物を判定する一連の流れ。基本的にはアプリの起動後、位置情報が含まれる写真を撮影(あるいは既存画像から選択)するだけ。動物か植物か選択すると、AIが自動で候補となる種名を提示してくれる。近所にいたネコを撮影したところ、「イエネコ」と判定された。なお、きのこなどの菌類は判定できない。

Biomeのアプリをキャプチャーして、編集部が作成。

目に留まった動植物を撮影し、自分だけの生物図鑑を作る。まさに「リアルポケモン図鑑」ともいえるスマホアプリ「Biome」を開発し、生物多様性の保全をビジネスとして自立させようとしているベンチャー企業がある。京都大学発のベンチャー企業・バイオームだ。「生物データのグーグル」目指す 「自分の周りには何も…[続きを読む]
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular