無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


そのEVが一人乗りである理由…カーシェアや商用利用も視野に

The ElectraMeccanica Solo.

エレクトラ・メカニカの一人乗り電気自動車「ソロ」。

ElectraMeccanica

  • EVスタートアップのエレクトラ・メカニカは、2021年末までに初の小型1人乗り電気自動車を発売する見通しだ。
  • この1人乗り電気自動車は「ソロ(solo)」と名付けられ、個人および商用利用をターゲットにしている。
  • はじめはソロは中国で製造されるが、最終的にはアリゾナ州メサでローカライズしたモデルを製造する予定だ。

テスラ(Tesla)のセダン「モデル3(Model 3)」、マスタング(Mustang)のクロスオーバー「マッハE(Mach-E)」などの電気自動車(EV)が市場に旋風を巻き起こしている。しかし、人気の高いEVには、ほぼすべてに共通する特徴がある。それは「乗用車」であるということだ。カナダのEVスタートアップのエレクトラ・メカニカ(ElectraMeccanica)は、この状況を変えたいと考えている。

2015年、投資家でモータースポーツ愛好家のジェリー・クロール(Jerry Kroll)は、都市交通の概念に挑戦することを目標に、エレクトラ・メカニカを共同設立し、かつて指揮を執っていた。クロールは、従来型の通勤車を作るのではなく、はるかに型破りなものを目指していた。

クロールが自動車を見直すために考えたのは、座席が1つしかない手頃な価格の街乗り用の電気自動車を開発することだった。エレクトラ・メカニカの現CEOであるポール・リベラ(Paul Rivera)は、エレクトラ・メカニカの創造力は、マイクロモビリティ(超小型軽量車両)と伝統的な輸送手段を融合するものであると強調した。

「マイクロモビリティには小さな電動スクーターから電動バイクまでさまざまなものが手に入る」とリベラは言う。

「その一方で普通乗用車のEVもある。でも普通車は1人で乗るとどうしても3、4人分のスペースが空いてしまう」

The ElectraMeccanica Solo.

エレクトラ・メカニカの「ソロ」。

ElectraMeccanica

その考えは理にかなっていると言えるだろう。我々の社会全体が電力に依存することになるとしたら、物理的なフットプリント、つまり、車を動かすのに必要なエネルギー量を減らしたほうがいい。

エレクトラ・メカニカは、開発する電気自動車を1人乗りに決定した後、その車を 「ソロ(Solo)」と名付けた。そして2020年、中国のゾンシェン(Zongshen)をパートナーとして、生産を開始することを発表した。

ソロは3つの車輪と1つの座席しかないが、リベラは安全性と快適性を最優先して製造したと話している。

「3輪車でオートバイに分類されるような車両なのにも関わらず、我々は安全性を追求した。この車はボディ前後のクラッシャブルゾーン、側面衝撃吸収システム、ロールバー、トルク制限付きの横滑り防止装置などを装備している」

「そして車内には、乗用車でもお馴染みのシートヒーター、エアコン、Bluetoothなどの快適な機能がすべて備わっている」

The ElectraMeccanica Solo.

エレクトラ・メカニカの「ソロ」の車内。

ElectraMeccanica

コンパクトなフォルムと1万8500ドル(約202万円)という低価格を実現したソロがさまざまな用途に使用され、最終的には独自のエコシステムを構築することをリベラは期待している。そのエコシステムを創り出すため、エレクトラ・メカニカは「個人用」と「配送用」という2つの大きな市場を視野に入れている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み