無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


マイクロソフトが「変形するSurface」など新シリーズ投入…「Laptop Studio」「Pro 8」などWindows 11に合わせ

surfacelaptopstudio-3

出典:マイクロソフト

9月23日午前0時(日本時間)、マイクロソフトは、同社のハードウエアブランド「Surface」シリーズの新製品発表イベントをオンラインで開催した。今回のテーマは「Windows 11世代への最適化」。主力である「Surface Pro」「Surface Go」シリーズなどを中心に、多くの製品ラインナップが一新した。どの機種もWindows 11を搭載して出荷される。

その中から特に注目のものをピックアップして紹介する。

なお、記事執筆時点では価格などはアメリカのもののみが判明している。

液晶を引き出して「ペン」も使える「Surface Laptop Studio」

surfacelaptopstudio-1

出典:マイクロソフト

今回の目玉であり、まったくの新製品となるのが「Surface Laptop Studio」だ。価格は1599.99ドル(約17万5000円)から。

Surface Laptop Studioは、タッチやペンが使えて、タブレット状にもなる、というSurface ProやGoシリーズが備えている「2in1」という特徴を引き継ぎつつも、よりパフォーマンスを向上し、さらに「変形型」に変わった。

surfacelaptopstudio-6

Surface Laptop Studioが「変形」していく様子。目を引くデザインと機構だ。

出典:マイクロソフト

マイクロソフトはこれまで、性能重視の「Surfaceブランド・ノートPC」として、「Surface Book」シリーズを展開してきた。これは、13.5インチもしくは15インチのディスプレイを備え、ディスプレイ部が「分離」するノートだった。

ディスプレイ部にCPUが入っていて、ゲームやCGなどGPUを多用する負荷の高い処理は、キーボード側に入っているNVIDIA社のGPUを活用する形になっていた。

Surface Laptop Studioは「NVIDIAのGPU搭載で、ゲームやCG制作ができる性能を持つ」という点ではSurface Bookを引き継いでいる。今回のモデルでも「NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti」を搭載しており、「最高性能のゲーミングPCほどではないが十分に性能は高い」という、Surface Book時代の位置付けを引き継いでいる。

surfacelaptopstudio-2

内部の基板。高いグラフィックス性能のためにNVIDIAのGPUを内蔵している。

出典:マイクロソフト

重量は約1.8kgで、Surface Bookシリーズに近い。ビジネス市場向けにはよりハイエンド・グラフィックス制作作業に向いた「NVIDIA GeForce RTX A2000」搭載モデルもある。

大きく変わったのは、ディスプレイ側が分離して単体でタブレットとして使えるという構造ではなく、「タッチ機能内蔵のディスプレイがパタパタと開き、形を変える」構造になった点だ。

ディスプレイを手前に引き出すような形になっており、一般的なノートPCのように使うこともできれば、ディスプレイでキーボードを隠し、タブレットのように使うこともできる。

surfacelaptopstudio-4

ペンの収納機構。スライドさせるようにしまう。

出典:マイクロソフト

デスクトップ側の「Surface Studio」と、ラップトップ型の「Surface Laptop」を合わせたようなデザインになっている。

今回からペンは平らな「Surface Slim Pen 2」(別売)が基本になり、本体下のすき間部分に収納し、同時に充電もできるようになっている。このあたりは設計の芸が細かい。

人気の「Pro」が一新、狭額縁化で13インチ液晶搭載、性能は2倍

surfacepro8-3

実に2年ぶりにフルリニューアルしたSurface Pro。名称も「8」へ。価格は1099.99ドル(約12万円)から。

出典:マイクロソフト

Surfaceシリーズの中でも最もポピュラーであり、「Surfaceといえば」というイメージを定着させたのが、2in1タイプの「Surface Pro」シリーズ。2年ぶりにSurface Proが「8」へと完全リニューアルした。価格は1099.99ドル(約12万円)から。

プロセッサーはインテルの「第11世代 Core iシリーズ」に変わり、2019年発売の「Surface Pro 7」に比べ倍の速度になった。この点は、今のタイミングに合わせた順当な進化といえる。

より大きいのはディスプレイの進化だ。いわゆるディスプレイの「縁」が細くなった結果画面は11%大きくなり、12.3インチから13インチになった。解像度も10.8%増えた2880×1920ドットになり、12.5%明るくなった。

surfacepro8-7

ディスプレイの周囲、いわゆる「額縁」が薄くなり、スタイリッシュなムードが高まった。画面サイズそのものも13インチへと大きくなった。

出典:マイクロソフト

さらに、画面表示のフレームレートが120Hz(出荷時設定は60Hz)になった結果、ペンやタッチ描画のスムーズさは増している、という。ペンはSurface Laptop Studioと同じSlim Pen 2で、キーボードもSlim Pen 2が収納可能なものに変わっている。

surfacepro8-6

出典:マイクロソフト

また、インタフェースがThunderbolt 4×2に変わり、GPUの強化とともに、2つの4Kディスプレイを外付けして使えるようにもなっている。

一方、重量はPro 7の最大約790gから100g重くなり、約891gに増えている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み