無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


採用面接の最後に聞くべき30の質問。賢さをさりげなくアピールして内定を引き寄せる言い方とは?

採用面接で適切な質問をすることは、応募したポジションに自分が適任であることを面接官にアピールする機会だ。うまくいけば、「この人を雇いたい」と面接官に思ってもらえる。

では求人に応募する際、求めている仕事が自分に合うかどうかをどう見極めればよいのだろうか? キャリアの専門家、テリ・ホケット(Teri Hockett)はこう語る。

「候補者が質問をすることで、面接のダイナミズムや、採用担当者に与える印象ががらりと変わることがあります。他では知り得ない情報が得られることもありますしね」

用意しておく質問の数は、面接中に回答された場合に備えて、最低でも4つを目安にしよう。

以降で、30のスマートな質問例を紹介する。これらの中からまだ面接官が答えていない質問を選んで尋ねれば、仕事内容や企業についての理解が深まり、面接官に好印象を与えられるだろう。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular