無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ネットフリックス、テスラの株価が100倍以上になった投資家に聞く、世界を変える会社を見つける10の条件

「タイムマシンがあったらどうしますか」と投資家に訊けば、2003年に戻ってネットフリックス(Netflix)の株を買う、または2012年に戻ってテスラ(Tesla)の株を買う、と答えるのではないだろうか。

そんな先見の明がある投資家が、投資アプリ「マイ・ウォール・ストリート(MyWallSt)」の共同創業者兼CEOであるエメット・サベッジだ。サベッジが初めてネットフリックスの株を買ったのは18年前。当時1.69ドル(約186円)だった株価は、今や595ドル(約6万5450円)へと膨れ上がった。

また、仲買資料を確認したところ、テスラへの投資を始めたのは2012年、当時の株価は6.35ドル(約699円)となっているが、現在は755ドル(約8万3050円)だ。

株式分割分を考慮すると、ネットフリックスの株価はサベッジが最初に買った時のなんと352倍、テスラの株価は119倍にもなっている。なお、IT企業が多いナスダック100の株価は2003年1月と比較すると約10倍に、S&P500は約4倍になっている。

当時のサベッジは、やがてハリウッドの脅威となる動画ストリーミング会社と、大手自動車メーカーを相手に果敢に挑戦するEV(電気自動車)スタートアップ企業のポテンシャルを、その数年前から見抜いていたのだ。

ネットフリックスは映画DVDレンタル事業からオンデマンドでの動画ストリーミング事業へとシフトしたが、サベッジが最初に株を買った当時、動画ストリーミングはまだ一般に知られたビジネスではなかった。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

Popular