無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「ビットコインを買うために借金をするのは愚か」JPモルガン・チェースCEOが指摘

ジェイミー・ダイモン

JPモルガン・チェースの会長兼CEOのジェイミー・ダイモン氏。

Scott Olson/Getty Images

  • 「ビットコインを買うために借金をするのは愚かだ」とジェイミー・ダイモン氏はTimes of Indiaに語った。
  • 年初来50%の上昇を見せているビットコインについて、ダイモン氏は「人々はあまりにも多くの時間と議論を無駄にしている」と話した。
  • 同氏はまた、「政府はほとんど何でも規制する」ことから、暗号資産も規制されるだろうと話した。

米金融大手JPモルガン・チェースの会長兼CEOのジェイミー・ダイモン氏は最近のインタビューで、再び暗号通貨に反対の立場を示した。

「ビットコインを買うために借金をするのは愚かだ」とダイモン氏はTimes of Indiaに語った。

「わたしはビットコインにはほとんど関心がない…… ビットコインの買い手でもない」

ダイモン氏はビットコインについて、「人々はあまりにも多くの時間と議論を無駄にしている」と指摘した。ビットコインは年初来50%上昇していて、4月には6万5000ドル(約720万円)近くの史上最高値を記録した。

同氏は、自身の関心の低さはビットコインが値上がりする可能性とは関係がないと明言した。

「だからといって、今後5年間で10倍にならないという意味ではない」と同氏はTimes of Indiaに語った。

「それでもわたしは気にならない」

ダイモン氏はまた、「政府はほとんど何でも規制する」ことから、暗号資産も規制されるだろうと話した。

実際、米証券取引委員会(SEC)はゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長の下、暗号通貨の取り締まりをさらに強化している。暗号通貨を証券として規制することを求めているゲンスラー委員長は9月21日、暗号通貨の市場を「西部開拓時代の無法地帯」と呼び、ステーブルコインをポーカーチップに例えた。

そして、中国は9月24日、暗号資産(仮想通貨)に関連する全ての取引と採掘(マイニング)を禁止し、デジタル資産を禁ずる数少ない国の1つとなった。

2005年からJPモルガン・チェースを指揮してきたダイモン氏のコメントは、業界にとっては目新しいものではない。

同氏は5月、暗号通貨は従来の資産に比べて劣っていると非難し、人々に購入しないよう警告した。また、急速に成長しているもののまだ初期段階にあるこの市場を、より厳格に規制するよう議員らに訴えた。

また、2017年にはビットコインを「詐欺」と呼び、ビットコインの取引を行った社員を解雇すると脅した。ダイモン氏はのちにこの発言について後悔の念を示したが、今でも暗号通貨には全く興味がないと話している。

それでも、JPモルガンは2021年7月、大手銀行としては初めて富裕層顧客を対象に暗号資産ファンドの販売を開始した —— これは業界における節目となった。

その後、ゴールドマン・サックスモルガン・スタンレーバンク・オブ・アメリカなどのライバル銀行も、独自の暗号資産サービスを提供している。

[原文:Jamie Dimon says 'you're a fool' if you borrow to buy bitcoin, and that he wouldn't care if its price increased 10 times

(翻訳:仲田文子、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み