無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


突然発表、アマゾンの家庭用ロボ「Astro」の全貌…リンプ上級副社長に聞く

Amazon Astro

Amazonの家庭用ロボット「Astro」。

出典:Amazon

米アマゾンは9月28日(現地時間)、オンラインイベントを開催し、同社が開発中の新しいハードウェア製品と、それに関わるサービスを発表した。

もっとも大きなトピックは、家庭用ロボット「Astro(アストロ)」を発表したことだ。家の中を歩き回って様々な監視業務をしたり、家族とコミュニケーションを取ったりできる。

本格的な一般販売はまだ先で、日本市場投入も決まっていないが気になる存在だ。アマゾンも「一家に一台のロボット。SFの世界を現実にする」と説明し、相当の意気込みで臨んでいる。

アマゾンのハードウェア製品事業の責任者である、Amazon Devices & Services・シニアバイスプレジデントのデイブ・リンプ氏に、発表直後にオンライン・インタビューした。

ロボット掃除機とは「似て非なる性能」がいる

デイブ・リンプ氏

Amazon Devices & Services・シニアバイスプレジデントのデイブ・リンプ氏。

出典:Amazon

Astroは、大きな車輪のついた台座にタブレットが乗ったような構造をしている。ディスプレイ部は情報やビデオ通話の表示だけでなく、「表情の表現」にも使われる。

周囲の様子をスキャンして安全に移動し、家族の顔を見分ける。スマホからの命令に従い、家の中を確認できる。

高いところを見るための「ペリスコープ」もついていて、オーブンの火が消えているかをチェックすることも可能だ。

ペリスコープ

高いところを見るための「ペリスコープ」があり、外出先から「オーブンの火が消えているか」も確認できる。

出典:Amazon

「Astroの開発は4年前に始まった」とリンプ氏は明かす。

「Astroとその前身を、4年ほど前から社内で開発していました。完全に社内での独自設計です。AI処理やセンサーなど、最先端のロボット技術が、顧客のユースケースを満たせる価格にまで下がってきている……と考えたことがきっかけです」(リンプ氏)

独自開発

Astroは4年ほどかけて開発された製品だが、アマゾン社内で開発された独自設計だという。

出典:Amazon

ただ、解決すべき課題は大きかった。特に重要だったのは「適度な速度での自律航行」だという。

スキャン

Astroはスキャナで部屋の中を把握して動くが、同じような機能を持つ自動掃除ロボットとは機能が大幅に異なるという。

出典:Amazon

家の中を動き回る機器としては、すでに「ロボット掃除機」がある。それとAstroはどこが違うのだろう? リンプ氏は特に2つの点を挙げる。

1つ目は「速度」だ。

Astroは家の中で、人やペットと同じように動き回る。だから、人についていけたり、邪魔しなかったりするスピードで動けなければいけない。

これに対し、ロボット掃除機は遅くてもいい。なぜなら、ロボットが動いている時、部屋には誰もいないからだ。

テストの結果、Astroに求められる移動速度は「毎秒1メートル」(時速3.6キロメートル)だった。それに対して、ロボット掃除機はその数分の1の速度でいい。

「結果として、毎秒1メートルで動いても人や物にぶつからないナビゲーションとアルゴリズムが必要になります。ロボット掃除機の速度だと、物などにぶつかってしまいます」(リンプ氏)

もう1つの課題は「重さ」だ。

ロボット掃除機にはディスプレイもペリスコープもない。Astroはそれらを備えている分重くなる。カタログによれば本体だけで約9.35kgもある。一般的なロボット掃除機はその半分以下だ。

つまり、人と一緒に暮らすロボットをつくるためには、ロボット掃除機より重いボディーを数倍の速度で動かせる能力と、周囲のものを避けられるアルゴリズムが必要、ということだ。

プライバシーは? 重視される「オンデバイスAI」の活用

Astro Eye

Astroは家の中の様子の映像や情報をどう処理するのか。

出典:Amazon

家の中を歩き回るという点を考えると、どうしても「プライバシー」問題が気になる。

「スマホを介してAstroから家の中を見ることができますが、こちらはカメラをオンにするとスクリーンが点灯し、音が流れます。

誰かが周りにいることを確認するために、約10秒間はライブビデオをオンにしません。近くにカメラを起動したくない人がいれば、その人がボタンを押してカメラをオフにできます。

Echoと同じく、押すとカメラやマイクが、完全に電気的にオフになります」

この他、「自宅を管理するアプリ」もある。Astroが侵入できないエリアをつくり、部屋に入らせないように指示できる。この辺は、最近のロボット掃除機に似たアプローチだ。

もう1つ重要なポイントは、AIの動作にネット接続を必要としない(ロボット上の演算だけで完結する)「オンデバイスAIで処理する」ということだ。

「Astroに搭載されている大量のAIは、プライバシー上の理由からローカルで実行されています。

ナビゲーションのために、家の中を移動する際に使う情報がクラウドに送られることはありません。このデバイスには『ビジュアルID』機能もあり、もしあなたが自分の後をついてきてほしいと言えば、顔を認識してついていきます。

家の中で特定の人物を探して会いにいくこともできます。ただし、その顔認識も、すべてローカルです」(リンプ氏)

オンデバイス処理によって個人情報を守ることは、アマゾンだけでなくアップルやグーグルも追求する、テック業界の「基本路線」だ。

今回、スマートスピーカーの「Echo」では、英語音声での「完全オンデバイスAI化」が実現した。では、他の言語についてはどうだろう?

「将来的には、すべての言語に対応させることを目標としていますが、英語以外の言語にはより複雑なものもあります。具体的にどの言語についてかは言及しません。

あなたが日本語を気にしていることは知っていますが、『私たちは取り組んでいます』とだけお伝えします。


現状、オンデバイスAI処理を実現可能なまでに、データのサイズを絞り込めていないのです。Alexaに対応したデバイスの中には、処理能力は十分でも、メインメモリー容量が非常に小さいものもあります」(リンプ氏)

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み