無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ミレニアル世代に悲報… コロナ禍で人気のリンゴ狩り、今年はちょっと高くなりそう

リンゴ

Heather Ainsworth/AP

  • 春の終わりに霜が降りたため、アメリカの一部地域ではリンゴの収穫量が例年に比べて少なくなる見込みだ。
  • リンゴの収穫量の減少と労働力不足が重なり、リンゴ園やリンゴジュースを生産するサイダーミルでは値上がりの可能性がある。
  • リンゴの収穫量が少ないため、リンゴ狩りを全面的に中止するリンゴ園もある。

ミレニアル世代の若者には残念なお知らせだ。

アメリカで秋の恒例行事となっている"リンゴ園めぐり"は、今年はちょっと高くつきそうだ。

気候変動と労働者不足が重なり、ミシガン州やウィスコンシン州といった多くの地域で、リンゴ園やリンゴジュースを製造・販売するサイダーミルの料金が値上がりしている。南東部の産地などでもリンゴの収穫量が減少している。

業界団体アメリカリンゴ協会(USApple Association)は8月に発表した『アップル・アウトルック・レポート』の中で、業界が深刻な労働力不足に直面していると警鐘を鳴らし、それは新型コロナウイルスのパンデミックよりも前に始まっていたと指摘した。

「国内労働者は、わたしたちが補充するよりも早いペースで失われている」と同協会の業界分析ディレクター、クリス・ガーラック(Chris Gerlach)氏はレポートに書いた。農業分野の雇用は全体的に減少しているが、リンゴ園ではさらに顕著だ。ガーラック氏によると、2014年から2020年の間に農作物の生産に携わる従業員の数(年間平均)は3%減少したが、リンゴ園では20%も減ったという。

地元紙『FDL Reporter』によると、ウィスコンシン州では春の終わりに霜が降りたせいで、2021年のリンゴの収穫量は少なめだという。そのため、リンゴ園兼サイダーミルのザ・リトル・ファーマー(The Little Farmer)では、今シーズンのリンゴ狩りを中止し、リンゴジュースよりもキャラメル・アップルや焼き菓子などの商品を優先して販売するという。また、人手不足のため、現時点では冷凍アップルパイの提供ができないとFacebookに投稿している

ミシガン州でも4月下旬にひどい霜が降り、多くの生産者が被害を受けたと『Detroit Free Press』が報じている。そのため、一部のリンゴ園が今年のリンゴ狩りを取り止め、多くのサイダーミルが他の生産者からリンゴを調達する必要に迫られている。そこへ持ってきてコストが上がり、入手できない品種もあるという。

「全体的にこれまで見たことがないような状況です」とデクスター・サイダーミル(Dexter Cider Mill)のオーナー、ナンシー・スタインハウアー(Nancy Steinhauer)さんはDetroit Free Pressに語った。

「輸送費は値上がりし、物の値段も上がり、リンゴの価格も大幅に上がっています」

同じくミシガン州にあるディールズ・オーチャード・サイダー・アンド・ミル(Diehl's Orchard Cider and Mill)」では、コストを相殺するために、今シーズンはリンゴジュースの価格を1ガロン(約3.8リットル)あたり8.5ドル(約960円)から10ドル(約1130円)に値上げしたと、同紙の取材に答えている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み