無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ブルーオリジン従業員が内部告発…ロケットが無事故なのは「幸運」だから

2021年7月、ジェフ・ベゾス(左)はブルーオリジンのニューシェパードロケット(右)で宇宙飛行を行った。

2021年7月、ジェフ・ベゾス(左)はブルーオリジンのニューシェパードロケット(右)で宇宙飛行を行った。

Anushree Fadnavis/Reuters; Blue Origin

宇宙開発企業ブルーオリジン(Blue Origin)の現役および元社員のグループは、怒りのこもった書簡を公開し、十分な安全性が確保されているとは思えない同社のロケットに乗ることはないだろうと述べている。

2000年に同社を設立したジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)は2021年7月、ニューシェパードロケットで宇宙飛行を行った。その後、ブルーオリジンは次の宇宙飛行のチケット販売を開始し、10月12日には4人の乗客を搭乗させることを予定している。しかし今回の書簡によると、ブルーオリジンのリーダーらは、社員がロケットの安全性に不安を感じていることを無視し、「ジェフのために計画を進めること」と「ニューシェパードの打ち上げスケジュールを早めること」を優先したという。

この書簡に唯一記名しているのがアレクサンドラ・エイブラムス(Alexandra Abrams)で、彼女はかつてブルーオリジンで従業員間のコミュニケーションを担当していた。彼女は9月30日にウェブサイト「Lioness」でこの書簡を公開し、執筆はブルーオリジンの現役および元社員20人が共同で行ったとしている。それらの共同執筆者の名前は公表されていないが、CBSニュースはそのうちの5人に話を聞いている。書簡では、ブルーオリジンには性差別、ハラスメント、異論に対する不寛容の文化があるとも主張している。

女性として初めての大西洋単独横断飛行を行ったアメリア・イアハート(Amelia Earhart)のアビエイターサングラをかけたブルーオリジンの創業者ジェフ・ベゾス。

女性として初めての大西洋単独横断飛行を行ったアメリア・イアハート(Amelia Earhart)のアビエイターサングラスをかけるジェフ・ベゾス。

Joe Raedle/Getty Images

ニューシェパードは、これまでに15回の無人飛行と、ベゾスが搭乗した1回の有人飛行に成功している。このロケットには緊急システムが搭載され、ロケットが故障した場合、必要に応じて乗客用カプセルを切り離すことができる。

しかし、書簡にはこう書かれていた。

「この書簡に署名したエンジニアは『ブルーオリジンにこれまで何も起こらなかったことは幸運だった』と考えている。また、書簡の共同執筆者の多くが、ブルーオリジンの宇宙船には乗らないと述べている」

CBSニュースが取材したブルーオリジンの元社員2人も、同社の宇宙船には安心して乗れないと述べたという。

ブルーオリジンはInsiderに宛てた声明で、エイブラムスは「連邦輸出管理規制に関わる問題で何度も警告を受けた後、2年前に正当な理由で解雇された」と述べているが、エイブラムスは警告を受けたことを否定している。

CNBCが8月に報じたところによると、この夏、少なくとも17人のトップエンジニアやリーダーがブルーオリジンを去っており、その多くはベゾスが宇宙飛行を行った直後に去っているという。その理由は明らかになっていないが、企業評価サイトのグラスドア(Glassdoor)によると、ブルーオリジンの社員でボブ・スミス(Bob Smith)CEOを支持しているのはわずか19%となっている。これに対し、スペースX(SpaceX)のイーロン・マスク(Elon Musk)CEOの支持率は92%、ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(United Launch Alliance)のトリー・ブルーノ(Tory Bruno)CEOの支持率は77%となっている。

ブルーオリジンからの声明にはこうも書かれていた。

「我々は安全の記録を保持しており、ニューシェパードはこれまでに設計・製造された中で最も安全な宇宙船であると確信している」

しかし公開書簡の執筆者たちにとって、その安全性こそが書簡の公開に踏み切る理由だった。また書簡には、2018年に新しいマネージャーがあるチームを引き継いだ際、そのチームが同社のロケットエンジンに関連する「1000件以上の問題報告」をしていたことを発見したと記されている。そして、それらの報告については何ひとつ対処されていなかった。

さらに、ブルーオリジンは「エンジニア、スタッフ、経費の追加」の要求を何度も拒否し、その一方で、小規模なチームに処理できないほどの責任を負わせているという。

「社員はしばしば、『ジェフのお金の扱いに気をつけなさい』『これ以上要求してはいけない』『感謝すべき』と言われる」とも書簡に書かれている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み