無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


YouTubeの誤情報対策は不十分…アメリカ以外にも反ワクチン活動家はたくさんいる

YouTubeには反ワクチン勢がまだたくさんいる

2020年10月25日、ドイツのベルリンで開催された世界保健サミットで、新型コロナウイルスやワクチンに懐疑的な人々がデモ行進を行った。

Sean Gallup/Getty Images

  • YouTubeは反ワクチンの誤まった情報発信の全面禁止を発表し、チャンネル登録者数の多い複数のアカウントを凍結した。
  • だが、多くの反ワクチンのインフルエンサーがまだ同サイトで活動していると指摘されている。
  • 大手SNSプラットフォームは、対策の実施が段階的でアメリカ中心主義的だと批判されている。

数十万人の登録者を抱える何人かの反ワクチン・インフルエンサーは、YouTubeが発表したワクチンに関する誤情報の全面禁止対策を回避できたようだ。

9月29日に変更されたポリシーで、YouTubeはデジタルヘイト対策センター(CCDH)のリストに載った、最も影響力のある反ワクチンのインフルエンサー3人のアカウントを削除した。3人は、ジョセフ・メルコーラ(Joseph Mercola)、ロバート・F・ケネディ・ジュニア(Robert F Kennedy Jr )、エリン・エリザベス(Erin Elizabeth )で、彼らのチャンネルの登録者数は合わせて51万1000人になる。

3人は全員アメリカ人だ。だがアナリストやメディアは、アメリカ以外の国に居住する人物や英語以外の言語を話す人物など、反ワクチンのインフルエンサーは依然としてYouTubeで活動していると述べている。

今回の措置は遅くなったとはいえ前向きなものだ。しかし、これは主にアメリカ人のアカウントや動画に焦点を当てたもので、国境を越えた非英語のコンテンツは現時点では影響を受けていないように見える。

その中には、12万3000人のチャンネル登録者を有するドイツの生物学者、クレメンス・アーヴェイ(Clemens Arvay)がおり、 ドイツのファクトチェックサイトは彼がメッセンジャーRNAについて誤情報を広めていると報告している

オーストラリアの新聞は、多くの反ワクチンのオーストラリア人インフルエンサーが、この禁止措置の影響を受けていないと報じている。

Insiderは、当該アカウントが削除されなかった理由について、YouTubeに回答を求めた。

アメリカの有名な2つのアカウントは、9月30日の時点でも活動しており、運動家たちから批判を集めている。CCDHのイムラン・アーメド(Imran Ahmed)CEOは、影響力のある「偽情報発信者」リストに名前が載っている2人が、引き続きYouTubeで活動していると指摘した。

その2人は、クリスチャンヌ・ノースラップ(Christiane Northrup、登録者数7万2600人)と、ケリー・ブローガン(Kelly Brogan、登録者数2万3900人)だ。

YouTubeはノースラップとブローガンのアカウントについて調査中であると、Insiderに語った。Insiderはアーヴェイ、ブローガン、ノースラップにコメントを求めている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み