無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


シカゴにあるウォルト・ディズニーの生家をのぞいてみた

外観

ウォルト・ディズニーの生家。

The Walt Disney Birthplace

  • ウォルト・ディズニーは1901年12月5日、イリノイ州シカゴにある木造家屋で生まれた。
  • ディズニーは4歳までこの家に住んでいた。修復を経て、今では歴史的建造物として保存されている。
  • 博物館を作る計画もある。

ウォルト・ディズニーは1901年、イリノイ州シカゴで生まれた。

ウォルト・ディズニー

1902年頃に撮影された、子ども時代のウォルト・ディズニーの写真。

Hulton Archive/Getty Images

ウォルト・ディズニーは、父イライアスと母フローラの息子として生まれた。2人は1888年に結婚し、この年、最初の子どもハーバートを授かった。ウォルトは5人きょうだいの4番目の子どもだ。

20代でカリフォルニアに移り住んだウォルト・ディズニーは、のちにこの地で複数の不動産を所有する


ウォルト・ディズニーは、両親が設計し、建てた木造家屋の2階で生まれた。

生家

ウォルト・ディズニーの生家。

The Walt Disney Birthplace

父イライアスは1892年にこの家の建築許可を取得し、母フローラが設計図を書いた。

1991年のシカゴ市の報告書によると、息子のロイ・ディズニーは「母が設計図を書いて、資材を持ってきて、父が建てたんです。2人はチームのように取り組んだんです」と1967年のインタビューで語ったという。

Walt Disney Birthplaceによると、家を建てるのに800ドルかかったという。当時でもこれは大した金額ではなかったが、母フローラによると、父イライアスの稼ぎは1日1ドルだったという。

Walt Disney Archivesによると、フローラ・ディズニーは「1日1ドル、1週間で7ドル。この年の彼の稼ぎはこれが全てでした。週に7ドルがこの年の平均だったんです」と夫婦の50回目の結婚記念日に語ったという。

「当時は救済金のようなものは一切ありませんでした。生活に余裕はありませんでした。彼は家を建てるためにお金を借りたんです」

翌年、一家は借りていた家を出て、この新しい家に移った。


ウォルト・ディズニーはこの家に4歳まで、両親と兄のロイ、ハーバート、レイモンド、妹のルースと一緒に住んでいた。その後、一家はミズーリ州の農場へ引っ越した。

家

ウォルト・ディズニーの生家。

Barry Brecheisen/Invision/AP

シカゴのハーモサ地区にあるこの家の大きさは18フィート(約5.5メートル)×28フィート(約8.5メートル)で、ロイ・ディズニーは青灰色の飾り枠のついた白い下見板張りの家だったと話している。

数十年後に家は修復され、地下室ができ、羽目板は新しくなり、一部の窓は場所を変えた。


2013年、ディナ・ベナドンとブレント・ヤングはこの家を16万9000ドルで購入し、「Walt Disney Birthplace」という歴史的建造物に変えた。

ディナ・ベナドン、ブレント・ヤング

ウォルト・ディズニーの生家の前に立つディナ・ベナドンとブレント・ヤング。

Barry Brecheisen/Invision/AP

テーマパークのアニメーションの仕事をしている2人は、仕事を通じてこの家が荒れ放題になっていると聞き、物件の購入を決めた。

「わたしたちにとっては、とても悲しいことでした。この家はわたしたちの国の非常に重要な歴史の一部ですから」とベナドンは2018年、ABC 30 Action Newsに語った。

ウォルト・ディズニー・カンパニーからの補助金とクラウドファンディングで、ヤングとベナドンはこの家を1900年代初めの元の状態に戻した


リノベーションには数十万ドルかかった。

ヤング、ベナドン

ウォルト・ディズニーの生家の1階で。

John Owens/Chicago Tribune/Tribune News Service via Getty Images

「本当に手がかかりました。レイアウトが全然違ったんです。わたしたちはこの家を徹底的に調べて、もともとどうなっていたのか突き止めなければなりませんでした」とヤングはABC 30 Action Newsに語った。


居間は現在、ディズニーが子どもの頃と同じ見た目になっている。

居間

居間。

The Walt Disney Birthplace

居間にある出窓からは、玄関が見渡せる。


ウォルト・ディズニーとその兄でのちにビジネス・パートナーとなるロイは子どもの頃、寝室を一緒に使っていた。

寝室

寝室。

The Walt Disney Birthplace

この寝室もリノベーションされ、壁は青く塗られた。石油ランプといった20世紀初めの家具も置かれている。


リノベーションは2018年に終わったものの、ヤングとベナドンはこの家に博物館としての機能を追加する計画だ。

外観

ウォルト・ディズニーの生家。

The Walt Disney Birthplace

博物館やテーマパーク向けのアトラクションをデザインする制作会社の共同創業者であるヤングとベナドンは、自らの専門知識を生かして、ここにマルチメディアの博物館を作る計画だ。

(敬称略)

[原文:See inside Walt Disney's childhood home in Chicago that cost $800 to build

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み