無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中国恒大集団の問題は氷山の一角…世界経済が直面しているリスクはもっと大きい

中国恒大集団は中国第2位の不動産デベロッパーだ。

中国恒大集団は中国第2位の不動産デベロッパーだ。

Noel Celis/Getty Images

  • 中国恒大集団が市場を不安に陥れているが、世界経済はその他にも回復を妨げるさまざまな脅威に直面している。
  • エネルギー価格の高騰が製造業を混乱させており、その背景にはアメリカと中国の緊張関係がある。
  • 成長が鈍化し、物価が数年来の高水準に達していることから、経済学者らは「スタグフレーション(景気停滞とインフレの同時進行)」という言葉を口にしはじめている。

2021年、「中国恒大集団」という会社は2008年のリーマン・ブラザーズと同じくらい有名になった。この巨大な中国の不動産デベロッパーは、現在非常に不安定な状態にあり、中国国外の市場まで脅かしている。しかし、同社が約33兆円もの巨額の負債を抱えてデフォルト(債務不履行)に陥る可能性は、世界経済が抱えるリスクのごく一部に過ぎないかもしれない。

世界経済は今、価格の上昇、出荷の遅れ、品不足の広がりに苦しんでいる。それらがさらに重なると大きな苦境に立たされることになるだろう。

以下に示す4つの主要な指標が危険な状態を示しており、それによって状況はさらに悪化することもあり得る。

(1)世界市場を揺るがす「恒大危機」

2008年、それまでほとんど注目されていなかったアメリカのサブプライム・ローンの証券市場が崩壊し、リーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)が破綻して世界の金融システムを危機に陥れた。それ以来、経済学者たちは「ブラックスワン」(めったに起こらないが、壊滅的被害をもたらす事象)と呼ばれる金融リスクと、それに似た「灰色のサイ」(高い確率で大きな問題を引き起こすと考えられるにも関わらず、軽視されがちな材料)を警戒してきた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular