無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの病院の人員不足はさらに深刻に…医療従事者へのワクチン義務化で

労働力不足で病院のベッドに空き

医療従事者は、パンデミック期間の労働で燃え尽き、精神的に疲弊していると話している。

Mario Tama/Getty Images

  • アメリカ各地の病院は、労働力不足のために受け入れ患者数を制限している。
  • マサチューセッツ州のある病院では、労働力不足のため、4分の1近くの病床が空いている。
  • 同院のCEOは、職員に対するワクチン接種義務によって今後さらに職員が退職する可能性があると訴えた。

アメリカ各地の病院で、患者の対応に十分な職員がいないため、受け入れ患者数を制限している。

マサチューセッツ州にあるタラ・ビスタ・ビヘビオラル・ヘルスセンターのマイケル・クルーパ(Michael Krupa)CEOは、116ある病床のうち、4分の1近くが空いているとブルームバーグに語った。彼は、州内の他の病院でも多くのベッドが空いており、その理由は職員の不足によるものだと述べている。

クルーパCEOによると、病院は以前から、看護師やより低賃金の看護助手を見つけるのに苦労していたが、それによって受け入れる患者数が制限されることはなかったという。

看護師などの医療従事者には、パンデミックの間、劣悪な労働環境で働き、燃え尽きて精神的に疲弊していると話す人や、離職する人もいる。

アメリカ労働省労働統計局の暫定調査データによると、2021年8月時点でのアメリカ国内の医療・社会福祉関連の労働者は約2000万人だが、これは2020年2月より約74万6000人少ない。

ニューヨーク州のキャシー・ホークル(Kathy Hochul)州知事は9月27日、州内の病院や医療施設での「深刻な人員不足」のため、「災害級の緊急事態」であると宣言した。同知事は、この事態で人々が適切な医療を受けられなくなる可能性があると警告している。

この人手不足の原因の一つは、一部の病院や医療機関が職員にCOVID-19のワクチン接種を義務付けたことだ。ニューヨーク州など、州レベルで医療従事者にワクチン接種を義務付けているところもある。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み