無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


高すぎる? ボストン郊外の広さ23平方メートルの戸建て住宅、約5000万円で売り出し中

物件

Hans Brings/Coldwell Banker Realty

  • アメリカのマサチューセッツ州ニュートンには、広さ251平方フィート(約23平方メートル)の極小住宅がある。
  • 寝室とバスルームが1つずつあるこの家は、44万9900ドル(約5000万円)で売りに出されている。
  • これはアメリカの住宅市場がいかに高騰しているかを示している。

アメリカでは、ボストン近郊にある一軒家が44万9900ドルで売りに出されている。住宅市場が高騰していることを考えれば、これも桁外れな価格には思えないかもしれない —— むしろ手頃に感じる可能性すらある。

ただ、難点がある。この家は広さ251平方フィートしかない。

物件情報によると、マサチューセッツ州ニュートンにあるこの家には合計で2部屋 —— 寝室とバスルームが1つずつ —— ある。

「唯一無二! かわいらしい極小住宅」とうたっている。

この家はリノベーションを済ませたばかりのようで、簡易キッチンやフローリング、照明、バスルームなどが新しくなっているという。

ロフトや完成一歩手前の地下室がある他、外には小さな裏庭にもある。

また、家の広さは251平方フィートしかないが、敷地自体は2452平方フィート(約228平方メートル)あるという。

Realtor.comは、同サイトで扱っているニュートンの住宅価格の中央値は130万ドルだという。マサチューセッツ不動産協会(Massachusetts Association of Realtors)は、8月の一戸建て住宅の価格の中央値は最高で55万2000ドルだったとしている

在庫に占める小さめの家の割合が増えているのは、住宅市場がゆっくりと回復している兆候でもある。Realtor.comのデータによると、2021年7月の時点で広さ750~1750平方フィート(約70~163平方メートル)の売り出し中の家の割合は36.3%と、2020年7月の30.2%から上昇した。

こうした"売り手市場"では、想定外の物件まで売りに出され、買い手がついている。9月には、マサチューセッツ州メルローズにある家が、数週間前に火災に遭ったばかりにもかかわらず、39万9000ドルで売りに出された。8月には、カリフォルニア州ウォールナットクリークにある家が、2020年の火災でほとんど燃えてしまったにもかかわらず、100万ドルで売れた

[原文:A 251-square-foot home in a Boston suburb is selling for $449,900 in yet another sign of just how crazy the housing market is right now

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み