無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


人件費と食材費の高騰で、アメリカでは5月から毎月メニューを値上げし続けているレストランも

ウエイター

Damien Eagers/PA Images via Getty Images

  • アメリカでは、労働力不足のせいで一部の飲食店は営業時間を短縮し、従業員の給料を上げている。
  • これに加え、ペンシルベニア州のあるレストランでは鶏手羽肉といった食材を手に入れるために、納入業者にこれまで以上のお金を払っている。
  • レストランのオーナーは、結果的に5月から毎月メニュー価格を上げているとInsiderに語った。

ペンシルベニア州ハリスバーグの近くにあるレストランのオーナーは、5月から毎月メニュー価格を上げているという。人件費と食材費が上がり続けているからだ。メニューによっては25%値上がりしたという。

キャンプヒルにある鶏肉料理の店「ジョーイズ・チキン・シャック(Joey's Chicken Shack)」のオーナー、ジョセフ・デボー(Joseph Devor)さんは、人手不足のため週末の営業時間も短縮している。

新型コロナウイルスのパンデミックの前は、店のシフト表に通常8~12人のスタッフの名前があったとデボーさんはInsiderに語った。

「パンデミックが始まってからは、6人を維持するのも難しくなりました」

4人まで減った時には、家族を引っ張り出さなくてはならなかったとデボーさんは話した。

アメリカでは、より良い給料や福利厚生、労働条件を求めて、仕事を辞める労働者が続出している。デボーさんの店で長く働いていた従業員の1人も、別の業界に移っていったという。

より多くのスタッフを確保するため、デボーさんは時給を9ドル(約1000円)から10~12ドルに上げ、フルタイムで働く従業員には、仕事を始めて60日後から医療保険や生命保険を提供し始めた。

従業員の給料について、デボーさんは「彼らはもっと高い給料をもらうに値すると思います。ですが、わたしたちはかなり低い賃金から始めましたし、支払わなければならない請求書もあるので、そうもいきません」と話している。

農業から輸送業までさまざまな業界に影響を与えている労働力不足を含むサプライチェーンの問題が、揚げ物用の油鶏肉パッケージといったレストランの営業に欠かせないアイテムの価格を高騰させている。これが人件費の上昇とあいまって、レストランはメニュー価格を上げざるを得なくなっている

デボーさんはパンデミックが始まって以来、3カ月ごとにメニュー価格を見直してきた。

「2021年5月以降は毎月、値上げしてきました」

「最初の何回かは一部のメニューだけでした。でも、直近の2回はほぼ全てのメニューを値上げしています」

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み