無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


各国首脳の租税回避を記した「パンドラ文書」…影響はイギリス王室にも波及

2021年10月3日、イギリス王室の不動産を管理するクラウンエステートが、アゼルバイジャンの大統領の家族から100億円の不動産を購入した可能性があると報じられた。

2021年10月3日、イギリス王室の不動産を管理するクラウンエステートが、アゼルバイジャンの大統領の親族から100億円相当の不動産を購入した可能性があると報じられた。

Max Mumby/Indigo/Getty Images

  • 女王の不動産を管理するクラウンエステートが、アゼルバイジャンの支配者から約100億円の不動産を購入したという。
  • ガーディアンは「パンドラ文書」を引用して、2018年にロンドンの不動産を取り引きしたと報じた。
  • アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領は、不正選挙、人権侵害、賄賂などで告発されている。

報道各社は2021年10月3日、イギリス女王に代わって王室の不動産や土地を所有・管理するクラウンエステートが、2018年にアゼルバイジャンの大統領の家族から6650万ポンド(約100億円)の不動産を購入したようだと報じた。

BBCは「パンドラ文書(Pandora Papers)」と呼ばれる漏洩書類を引用して、アゼルバイジャンのイリハム・アリエフ(Ilham Aliyev)大統領の親族がクラウンエステートへの不動産売却で3100万ポンド(約46億円)の利益を得た可能性があると報じた。

アリエフ大統領は、10年間大統領を務めた父ヘイダルの死後、2003年にアゼルバイジャンの大統領に就任した。同大統領は、汚職、不正選挙、人権侵害、贈収賄などで告発されている。

クラウンエステートの広報担当者はInsiderに対し、この建物を購入する前にチェックを行ったと述べた。

「その時点では、取り引きを行ってはいけない理由はなかった」と広報担当者は述べ、「提起された潜在的な懸念を考慮して、我々はこの問題を検討している」と付け加えた。

クラウンエステートはイギリスの君主に属するものだが、イングランド、ウェールズ、北アイルランドの不動産、土地、海底を同国の大蔵省と連携して管理している。それらの資産は女王の私有財産ではなく、そこからの収入も女王のものではない。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular