無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「世界中に広がる山火事から家屋を守る」ウーバーの元プロダクト責任者が創業「Firemaps」の可能性

prime_fire_top

気候変動の影響から、世界各地で山火事の被害が広がりつつある。

REUTERS/Tracey Nearmy

ジャハン・カンナの仕事は火事を消すことではない。その究極の目的は、火災を未然に防ぐことだ。

2021年の前半、カンナはサンフランシスコを拠点にファイアマップス(Firemaps)を創業した。

狙いはきわめてシンプル。近年、米カリフォルニア州では山火事で家が焼失する割合が高くなっており、そうした被害を軽減するのが目的だ。

「いまや世界各地で山火事が猛威をふるっています。ファイアマップスは住宅の所有者がいますぐに家屋を守るためのプラットフォームなのです」

ファイアマップスはアメリカを代表するベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)の投資家たちを口説き落とし、シードラウンドの550万ドル(約6億円)を調達した。

アンドリーセン・ホロウィッツのゼネラルパートナー、アンドリュー・チェンはこう話す。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular