マイクロソフトのAWS幹部引き抜きが意味すること。アマゾンとのクラウド戦争はセキュリティに鍵、汚名返上も狙いか

マイクロソフトによるチャーリー・ベルの引き抜きは、クラウド業界に衝撃を与えた。アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)で長きにわたり幹部を務めてきたベルが、最大の競合相手に突然、移籍したのだ。

ベルはマイクロソフトで、セキュリティ、コンプライアンス、アイデンティティ、マネジメントの領域をカバーする新設のエンジニア部門を率いると見られている。

マイクロソフトのパートナー企業の中には、ベルを引き抜いたのは単なるPRにとどまらない、と見る向きもある。これによりマイクロソフトは、サイバーセキュリティをクラウド戦略の中心に、さらにはAWSに対する「秘密兵器」として、据えることができるというのだ。

クラウド・サービス向けの大手ITソリューション業者であるクエスト・ソフトウェアのプロダクト・マネジメント部門でシニア・ディレクターを務めるポール・ロビショーも、ベルの移籍を重く受け止める。

カイフ・リー(李開復)のグーグル・チャイナ退陣(これによりグーグルが中国に抱いていた野心が大きく打ち砕かれた)や、マイクロソフト Azure(アジュール)のマーケティング責任者ジュリア・ホワイトのSAP移籍に例えるほどだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み